どうもナオミです。

今回は、書評レビューです。


こんな人におすすめです。
  • チャート分析が上手くならない人
  • チャートのシグナルどおりに利益確定・損切りができない人
  • 買い時・売り時を待てない人


『ゾーン 最終章』概要

前回レビューした書籍『ゾーンー相場心理学入門』のシリーズ本

前回の著者ダーク・マグラスの奥さんポーラ・T・ウエップが執筆

注意書き:1ページ目に本書の中身を発信するのは禁止とある
許可なく言ったりすると処罰の対象になる

今回は私個人の感想をメインに話す
特に、本書を読んでFXの見方がどう変わったか


『ゾーン 最終章』詳細

前回『ゾーンー相場心理学入門』よりも具体的で分かりやすい
著者が違うので個人的には違う本のように感じた

とは言え、主軸となる部分は一緒
マーク・ダグラスさんの教え「FXで勝つための考え方・心理面」をもとに書いてある

テクニカル分析など手法を磨くだけでは勝てない人
メンタルに問題がある可能性→2冊読むのがおすすめ


ゾーン 最終章を読んだ感想

一般的な考え:損失=失敗、排除したいもの
損失を受け入れないことにつながる→損切りが先延ばしになる→大損:負のループ

本書を読んで「損失=失敗ではない」という考えに変わった
具体的:損失=大きな利益を得るために必要な経費

FXの特性:期待できる利益と同じだけの損失が発生する可能性=ハイリスク・ハイリターン
損失覚悟でトレードをしないと利益も期待できない

ビジネスでも同じことが言える
売上=利益-経費:売上を上げるためには必ず経費が発生する(画像1)
一般企業では利益率3割取れば上等
インターネットビジネスでも利益率9割:損失なしで利益だけを得ることはできない

FXもビジネスと同じような考え方を持つこと大事


ゾーン 最終章を無料で読む方法

著作権の関係で中身を発信することができない
Audible(オーディブル)でに会員登録をすると、最初の1冊は無料で読める。