どうも、ナオミです。

毎年5月は自動車税の納税時期ですね。

私も漏れなく自宅に届きました。

 



 

ところで、あなたはどうやって払っていますか?

コンビニにいって現金で払ってますか?

 

でもそれって現金を下ろしたり、わざわざコンビニに出向かないといけないので結構、面倒ですよね?

納付期限も5/31なので、急いでおこなわないと滞納金が発生して、余計に払う必要が出てきます。

 

なので、私は去年から「クレジットカード払い」でやっています。

 

 自動車税のインターネット利用でかかる手数料



 

注意点として「手数料」がかかります。

  • 納税額にかかわらず税込324円

  • 納税額に応じて手数料が高くなる


の2パターンあり、自治体によって異なります。

 

多くのところが一律324円ですが、私の住んでいる熊本県は納税額に応じて手数料が変わるタイプです。

結局どちらが安いのかと言うと、熊本県のように変動するタイプが安いです。

 

詳しい内容は、実際に[手続き]をするときに確認できます。

 

 自動車税のインターネット利用 ポイント2つ


 

クレジットカードのポイントが貯まる


1つはクレジットカードのポイントが貯まることです。

私が愛用している[楽天カード]は、100円で1ポイント貯まります。

 

あと余談ですけど、楽天のポイントは[楽天証券]で投資に回すことができます。

実はこれがクレジット払いをする、一番の理由でもあります。

 

ただ重要なのは、現金払いとどちらがお得かということです。

クレジット払いでは手数料がかかりますが、それを上回るポイントがゲットできれば良いことになります。

 

例えば、熊本県での自動車税が39,500円の場合、Yahoo!公金支払いでは手数料が313円かかります。

 

しかし[楽天カード]で支払うと後日、395ポイントが入ってきます。

1ポイント=1円ですの手数料を考えても395-313で82円分、現金払いよりお得になります。

 

これがもし2台分・3台分とおこなえば、さらにお得です。

さっきも言いましたが、わざわざ現金を下ろしたり、納付書を持ち歩く必要もないので便利ですよね。

 

証明書が発行されない


2つ目のポイントは、証明書が発行されないことです。

コンビニでの現金払いであれば証明書にハンコを押してくれますが、インターネットではそれがないですからね。

 

熊本県も去年は後日、納税証明書が送付されてきましたが、今年からそれがなくなるそうです。

 

しかし、そこで不安なのが「証明書がないのに車検を受けることができるのか」ということだと思います。

 

Yahoo!公金支払いでは、
継続検査・構造等変更検査時に必要な納税証明書は、陸運支局において自動車税の納税情報が確認可能となり、納税証明書の提示が省略できるようになりました。

と書いてあります。

 

というわけで、車検の時に自動車税の納付証明書は不要です。

なので、たとえ手元になくても問題ありません。

 

また5月に車検があるとしても、前年分の納付が済んでいれば問題なく受けることができます。

 

[Yahoo!公金支払い]での納税方法


そして納税方法は「Yahoo!公金支払い」というサイトを利用していきます。

 

その時に、自動車税納税通知書とクレジットカードを手元に置いておきましょう。

引用 Yahoo!公金支払い



 

 

1.お支払い手順


[公式サイト]にアクセスしたあとは、案内にしたがって入力するだけです。

期限内であれば24時間、好きな時にスマホやパソコンでおこなうことができます。

 





 

2.納付番号、確認番号を入力


2台以上の納税をおこなう場合は「入力欄を追加」で、まとめて済ませることができます。

私も今回、2台分の納税をおこないました。



 

3.支払情報を入力


クレジットカードは[楽天カード]がおすすめです。







 

 

4.入力内容を確認


問題なければ「上記に同意します」にチェックを入れて「支払う」をクリック。

 





 

5.手続き完了


これで自動車税のクレジット払いが完了しました。

保管用として、印刷もしくはスクリーンショットをしておきましょう。

登録したメールアドレスにも完了通知がきます。

 





 

自動車税のインターネット利用 まとめ


というわけで、自動車税のクレジット払いについて紹介しました。

 

現金払いよりも手間が省けて、実質的な納税額も安くなるケースが多いです。

クレジットカードは還元率の高い[楽天カード]がおすすめです。

ぜひ今年からやってみてくださいね。

 

また私が愛用している[楽天証券のポイント投資]についてはこちら。

http://fx-salon.com/rakuten-point/

 

[twitter]も更新しているので、合わせてごらんください。

以上、ナオミでした。