FX口座を選ぶ際の注意点

国内FXでゼロカットを採用しない理由。それを回避するトレード手法

更新日:

国内FXと海外FXの違いの一つに[ゼロカットシステムの有無]があります。

そして残念ながら国内では、採用されていないのが現状です。

 

これの何が問題なのかと言うと、急な相場変動時やFX会社のサーバーシステムに不具合が生じたときです。

最悪の場合、私たちトレーダーの注文が執行されないどころか、その損失分を肩代わりしなければならなくなります。

 

そこでココでは、

  • なぜ国内FXがゼロカットシステムを採用しないのか
  • 私たちはどのようなトレード対策をおこなえば良いのか

について考えていきましょう。

 

国内FXでゼロカットシステムを採用しなくても良い理由

冒頭でもお伝えしましたがFX会社がゼロカットシステムを採用していないと、トレーダーの[デメリット]が大きくなります。

なぜなら、あらかじめ注文をしているにも関わらず[追加証拠金]を支払う恐れがあるからです。

 

具体的には、証拠金額を上回る損失額を支払うことになります。

一見すると理不尽な話でよね。

 

しかしそもそもなぜ、このような状況が許されているのでしょうか?

それは、[金融先物取引業取扱規則]というもので「ゼロカットシステムを採用しなくて良い」と記載してあるからです

つまり合法なのです。

 

(ロスカット取引が機能しなかった場合等の対応)
第4条 会員は、電子情報処理組織の異常その他の理由によりロスカット取引の実行がで
きなかった場合における顧客への対応方針を定めるものとする。

2 前項の対応方針は、会員の責に帰すことができない事由を除き、投資者の保護に
資するよう定めるものとする。

3 会員は、ロスカット取引が行われることとなっている場合であっても、ロスカッ
ト取引により顧客の預託する証拠金額を上回る損失が発生する可能性がある旨、あ
らかじめ顧客に適切に説明するものとする。

 

引用 金融先物取引業務取扱規則第25条の3に関する細則金融先物取引業協会

 

上の規則にある[会員]とは、国内FX会社のことを指します。

そして[2.会員の責に帰すことができない事由を除き」のところに注目です。

これは、会社がゼロカットシステムを採用しなくても良い根拠になります。

 

ですので、国内FXを利用する際はこのような[思わぬ落とし穴]があることも覚えておきましょう。

 

と言うのもトレード経験を重ねるうちに、FXでは様々な手法があることを知ります。

代表的なものではスキャルピングやスワップトレードなど、保有期間の違いによるトレード手法です。

 

その際、今回のことを知っていれば適切な位置でのエントリー、レバレッジを置くことが容易になります。

 

ゼロカットシステムを採用しないことによる被害

[国内FXがゼロカットシステムを採用しなくて良い理由]がこれで分かりましたね。

合わせて[被害状況]も確認しておきましょう。

 

ロスカット等未収金発生口座数(月次・速報)

参考:ロスカット等未収金発生口座数(月次・速報)金融先物取引業協会

 

不定期ではありますが、トレーダーが預けている証拠金額以上のお金が請求されていることが分かります。

またこの請求額は[追加証拠金]と言い、海外FXとの違いの一つなのです

 

そして上の図の出所は、前の項と同じ[金融先物取引業協会]によるものです。

最新情報を毎月更新しているサイトですので、今後のトレード運用にお役立てください。

 

ここまでの事をまとめると[金融先物取引業協会]では、

  • 金融先物取引業取扱規則
  • ロスカット等未収金発生口座数(月次・速報)

の2つを確認することができます。

 

つまり[ゼロカットシステムを採用しないことを認める規則]と[その規則による被害状況]をきちんと公開しているのですね。

 

また、追加証拠金が発生するタイミングは[急な相場変動時]です

 

さらに海外FXでは多くの会社が、ゼロカットシステムを採用しています。

そのためトレーダーの不可抗力による損失は、国内FXとは異なり会社側が責任を持つようになっているのです。

 

ゼロカットシステムに関係しないトレード手法~長期運用~

とはいえ海外FXは、国内とは比べ物にならないほどの[高いレバレッジ]を提供する会社です。

これはメンタルに影響してくることなので、初心者がいきなり手を出すにはハードルが高過ぎます。

また入出金に関しても面倒な作業・送金コストがかかります。

 

以上のことから、例えゼロカットシステムを採用せずトレーダーに責任転嫁をするとしても[国内FXが安全だ]と考えます

 

ですので、私たちは[ゼロカットシステムの有無と無縁なトレード手法]を確立することが先決なのです。

 

先ほど少し触れましたが、国内FXで追加証拠金が発生するタイミングは[急な相場変動時]です。

またそれに加えて25倍のレバレッジ規制を軽視した、ハイリスクな取引を上げることができます。

 

FX歴6年の私が実践している手法は、レバレッジ1~2倍でおこなう[スワップトレード]です。

これは長期運用を前提としています。

 

そして愛用している会社は[SBIFXトレード]です。

2018年11月からは[10万円から始めるFXトレード]を公開しますので、あなたもこの機会にぜひどうぞ。

 

この手法であれば、ゼロカットシステムが無いことによる不安で苦しむことはまずありません

あくまで可能性の話ですが、追加証拠金が請求されないように十分配慮しています。

 

ゼロカットシステムに関係しないトレード手法~短期運用~

しかしこの記事を読んでいて、[短期トレード]を希望する方もいらしゃることでしょう。

 

そのような場合は、日本時間の日中にトレードをすることをおすすめします。

もしくは、重要指標がない日本時間の夜におこないましょう。

 

日中にトレードする際は①、重要指標を確認したい場合は②をご覧ください。

【関連記事】

  1. 【マネーパートナーズ(パートナーズFX)】スキャルピングは必須。メリット・デメリットを調べ尽くしました。
  2. 【YJFX!】米ドル/円が最強。私が初めて口座開設した会社です。(YJFX!の情報量 参照)

 

と言うのも、ゼロカットシステムを採用しないことによる被害は、

  • サーバーシステムの不具合
  • 急な相場変動

に原因があると説明をしました。

 

これは味方を変えれば、不具合時でも柔軟に対応できる日中や変動する経済指標がない夜間では、被害を受けにくいことを意味しています。

 

ナオミ
日本時間の日中は9:00~17:00、夜間は16:00~翌日5:00を指しています。

 

また追加証拠金が発生する一例として、[アメリカ雇用統計][月曜日の窓開け]が有名です。

これは急な相場変動の代表格であり、ゼロカットシステムを採用していないことによる被害が発生しやすい時間帯です。

 

ですので、短期トレードの際は上記2つではポジションを持たない、もしくはレバレッジを小さくするなどの対策が大切です。

 

国内FXは、なぜ急な相場変動に対応できないのか?

ここからは捕捉になりますが…

そもそもなぜ、国内FXでは急な相場変動に対応できないのでしょうか?

 

それはイレギュラー時の多くが日本時間の夜間に発生し、経済活動がストップしているからです。

 

つまり在中しているスタッフの数が限られているために、十分な対応ができないのです。

そしてこの事実が、国内FXがゼロカットシステムを採用しないことの真実です

 

先ほど、「追加証拠金はトレーダーの不可抗力で発生するものだ」とお伝えしましたね。

しかしFX会社も相場が活発な時間帯を動かすことができない以上、同様のことが言えるのです。

 

また私たちは口座開設のときに、電子交付などを通してゼロカットシステムに関する規約に[同意]をしています。

ですので、この現実を受け入れて今回紹介したトレード手法などで対策をとるように心がけてくださいね。

 

国内FXがゼロカットシステムを採用しないことのまとめ

国内FXはゼロカットシステムを採用しておらず、トレーダーが必要以上の損失を被ることがあります。

しかしそれは[急な相場変動が日本時間の夜間である]という、会社側では対応できない事情があるかたです。

 

その対策として、私が実践している[スワップトレード]はとても有効です

愛用している[SBIFXトレード]も1通貨から取引可能ですので、ぜひ検討してみてくださいね。

 

丁寧に紹介している[口座開設手順]は、こちらをご覧ください。

【関連記事】はじめての口座開設

ツイッターのタイムライン

広告依頼

広告依頼 FXだけで田舎で暮そう

-FX口座を選ぶ際の注意点
-

Copyright© FXだけで田舎で暮らそう , 2018 All Rights Reserved.