FX口座を選ぶ際の注意点

YJFX!のスキャルピングは本当に口座凍結しないの?おすすめのFX会社は他にもあるよ。

更新日:

短期売買を嫌う国内FXは、結構多いもの。

特にDMM.com証券・楽天証券は被害者続出です。

 

 

一方でYJFX!はどうでしょう?

[YJFX! スキャルピング]で検索すると、[C-NEX]という商品名が上位に表示されますが…

 

果たしてC-NEXはスキャルピングに適した投資商品なのでしょうか。

結論から言うと、実は他におすすめのものがあります!

 

それでは見ていきましょう。

 

国内FXの口座凍結とは

まずは[口座凍結]の説明から。

口座凍結とは、FX会社が定める[禁止行為]に該当した場合に強制解約になることです。

 

禁止行為には様々なものがあり、その中の一つに[スキャルピング]があります。

スキャルピングとは、数秒~数分間隔で売買を繰り返す手法です

 

また実際に口座凍結になった場合は、FX会社の指示に速やかに対応しなければなりません。

すでにその会社で、トレードすることは出来なくなっていますからね。

 

保有ポジションの決済・証拠金の出金など、残高をゼロにする作業をおこなっていくことになります。

ちなみにスキャルピングで得た利益は、没収にはなりませんのでご安心を!

 

次に、各FX会社がどのように[スキャルピング禁止]の規定を記載しているのか。

代表的な2社の[約款]を見ていきましょう。

 

実際の口座凍結はどんな感じなの

スキャルピングで口座凍結になりやすい有名な会社と言えば[DMM.com証券]と[楽天証券]です。

ただし各社の約款には[スキャルピング]という用語は一つも出てきません

 

(9)短時間で売買を繰り返す行為

引用 第7条(禁止事項) 1DMM.com証券

 

 

⑲取引の方法の如何にかかわらず、当社が、短時間における連続した取引、インターバンク市場の混乱を招く取引、当社のカバー取引に影響を及ぼす取引、または過度な取引等不適切な取引であると判断したときまたはその虞があるとき。

引用 第26条 解約 26-1.楽天証券

 

また口座凍結になる[具体的な売買間隔]の明記もありません。

そしてこのあやふやな表現は、2社に限らず全てのFX会社に当てはまります。

 

しかしなぜ、各社はスキャルピングの定義を明確にしないのでしょうか?

答えは負けトレーダーを排除しないための策略なのです。

 

詳しくみていきましょう。

 

全てのスキャルピングがNGではない恐ろしい理由

ところであなたは、トレード画面の[為替レート]がどのように決まるのかご存知でしょうか?

答えは各FX会社の判断に任せてあります。

ですので、同じ通貨ペアを同じ時間で比較すると各社それぞれで、為替レートが異なります。

 

このような状況になっている背景としては、[DD方式]という為替レートの表示方法にあります。

そしてスキャルピングで口座凍結のになる理由も、このDD方式で説明ができるのです

 

そもそもFX会社とは、銀行と私たちトレーダーをつなぐ仲介役が主な業務です。

また銀行というものは、[世界共通で使用する為替レート]を配信する役割も持っています。

 

図に表したものがコチラ。

参考 ダイレクトカバーの詳細外為どっとコム

 

そして[為替レートの配信]という観点でみたとき、この銀行のことを[カバー先]と表現します。

つまりFX会社はトレーダーが注文した内容を、カバー先に流す役割を持っているのです。

 

そしてDD方式の場合は、トレーダーから受けた注文の一部しか流しません

残りの注文分は、会社自身が[反対売買]をすることで肩代わりしているのです。

 

しかしここで疑問が2つ出てきます。

 

1つは、なぜ「FX会社はカバー先に一部の注文分しか流さないのか」です。

それは注文を流す際に、手数料を取られるため。

つまりカバー先に支払う手数料を抑えるために、肩代わりをしています。

 

もう一つは、なぜ「肩代わりをする際に反対売買をするのか」です。

それはトレーダーの多くが[FXで損失を出す]という統計データがあるからです。

これは先ほど触れた[スキャルピングで明確な定義をしない]ことの根拠になります。

 

どういうことかと言うと、統計的にはスキャルピングするトレーダーが多いとFX会社は儲かります。

とはいえ一部のトレーダーは大金を稼ぎますので、FX会社にとって彼らは[排除したい存在]であることは事実です。

 

最悪の場合、会社の運営に支障がでる恐れもでてきます。

そのようなときに[口座凍結]という切り札を出してくるのです。

 

つまりスキャルピングの定義を明確にしない理由は、負けトレーダーから利益を得るため

そして大金を稼ぐ一部のトレーダーに対しては、口座凍結の処置をとる

 

これがFX会社の[裏の顔]なのです。

 

YJFX!のC-NEXってどうなの

このように全てのスキャルピングがNGではない恐ろしい理由が分かったところで、[大金を稼いでもOK]の会社はあるのでしょうか?

 

それが[NDD方式のFX会社]です。

NDD方式は先ほどのDD方式とは異なり、カバー先に全ての注文分を流す為替レートの表示方法です

 

FX会社は手数料を抑えるために肩代わりをすることはありませんし、トレーダーとの反対売買もしません。

 

そしてYJFX!が提供する[C-NEX]がNDD方式に該当するのです。

[インターバンク直結]というワードが、トレーダーの注文分に対して操作を加えていないことを意味しています。

つまりカバー先に全て流しているということです。

 

引用 C-NEXのメリットYJFX!

 

そして、スキャルピングに制限がないことも書いてありますね。

 

ただし注意点として、C-NEXは[スプレッド]が割高です

詳しくは次でご紹介します。

 

理由は、トレーダーが損失をだしてもFX会社の儲けにならないためです。

ですので、実質的に私たちがコストの肩代わりをすることになります。

 

スキャルピングに勝つ自信があれば気にする必要はないでしょうが、そうでなければハードルが高いですよね…

また頻繁に売買を繰り返しますので、他のトレード手法よりも切り詰めたいところです。

 

と言うわけで、[スプレッドが低いNDD方式]がないか調べてみました。

 

スキャルピングで本当におすすめの会社

残念ながら、2つの願いを叶えてくれるFX会社はありませんでした。

ただ口コミでは[JFX]の評判が高いです。

 

 

公式サイトでも[スキャルピングOK]と書いてありますしね。

 

スプレッドもC-NEXと比較してみました。

JFX C-NEX
ドル/円 0.3 0.7
ユーロ/円 0.5 0.9
ポンド/円 1.0 1.3
豪ドル/円 0.7 0.9
ユーロ/米ドル 0.4 0.5
ポンド/米ドル 1.0 1.0

 

だたしC-NEXは[変動性]です。

ここでは平均スプレッドを紹介しています。

 

以上のことから、まずは[JFX]でのトレードをおおすすめします

そして利益が大きくなるようであれば、C-NEXに乗り換えていきましょう。

 

いきなりC-NEXでやって失敗でもしたら、スプレッド分のコストがもったいないですからね。

 

ぜひ参考にしてください。

 

まとめ

国内FXの多くはスキャルピングを禁止しています

また仮に了承していたとしても、大きな利益をだすと[口座凍結]になる恐れがあります。

 

自信があれば、NDD方式のFX会社がおすすめです。

ただし[スプレッドが高い]という難点があります。

 

以上のことから、

  • スキャルピング初心者:JFX
  • スキャルピング上級者:C-NEX

でおこなっていきましょう。

 

特に[JFX]はC-NEXよりも、総合的に低スプレッドです

スキャルピングで鉄板の[10万通貨取引]も躊躇せずにチャレンジできますよ

 

【JFXに口座開設をする】

ツイッターのタイムライン

広告依頼

広告依頼 FXだけで田舎で暮そう

-FX口座を選ぶ際の注意点
-, ,

Copyright© FXだけで田舎で暮らそう , 2018 All Rights Reserved.