海外FXといえばXM。

意外と簡単にできてしまいました。

 

実際のトレード画面がこちら。

XMの口座開設 取引画面

引用 MT4


 

まずは公式サイトから[口座を開設する]をクリック

ちなみにスマホやタブレットからでもOKです。

 

すると2ページにわたって入力画面が出てきます。

 

XMのリアル取引登録 ステップ1


英語表記で入力するので、そこだけは気を付けてください。

 

個人情報



  • 氏名:名前、苗字の順番で入力。(例)を参考にローマ字でおこないます。

  • 居住国、希望言語:日本(Japan)でいきましょう

  • 電話番号:+81を消して090,080,070など都合の良い番号を入力

  • Eメール:口座開設の完了通知、問い合わせのときに使います。後日メアド変更する際は、わざわざ問合せをしないといけないので1つに決めておくのがおすすめ


取引口座詳細


特にこだわりがなければMT4、マイクロ口座にしましょう。

後日、変更したい場合は[追加口座]の開設で解決します。

その際、個人情報などの入力は不要です。

 

入力し終えたらステップ2へGO!

 

XMのリアル取引登録 ステップ2


引き続き英語表記で入力します。

ただし氏名だけはカタカナになります。

個人情報


氏名:名前、苗字の順に、今度はカタカナで入力します。

生年月日:日、月、年の順なので注意しましょう。

 

住所詳細


まずは[JuDress]というWebサービスで、あなたの住所の英語表記を確認してください。

ただし建物名は不要でOKです(XMの入力で不要なため)

変換は[実用的に変換]で。

それぞれ必要な記入欄にコピペしていきます。

 

納税義務は米国市民ではないので[いいえ]を選択。

 

取引口座詳細


もう一度入力していきます。

MT4、マイクロ、JPY、1:888、「はい、ボーナスの受け取りを希望します」

サクサクやっていきましょう(^^♪

 

投資家情報



  • 投資額:最低額の0~20,000にしましょう。それ以上の額にした場合、レバレッジ200倍に制限される可能性があります。

  • 他の項目もあなたに最も近いものを入力します。


 

パスワード


入力後に案内がでますが「①小文字、大文字、数字の3種類の文字を含む」「②8~15文字」にする必要があります。

悪用防止のため複雑なものにしましょう。

 

確認


2つのチェックボックスにチェックを入れます。

規約に同意するためのチェックを入れます。

問題なければ「リアル口座開設」にGO!

 

XM口座開設のメール通知


すると登録したメールアドレスに完了通知がきます。

24時間以内に登録Eメールアドレスの確認をおこなってください。

 

XMログイン


MT4/MT5 IDはメール通知に記載してあります。

パスワードは口座開設時に登録した8~15文字の英数字です。

 

これでXMの口座開設が完了しました。

しかしまだトレードをすることはできません。

「本人確認書類」を提出して口座を有効化していきます。

 

XMの本人確認書類


身分証明書用と住所証明書用に2点必要になります。

カメラで撮影したものをアップロードして登録が完了します。

なので、スマホやタブレットでやることをおすすめします。

 

証明書の組み合わせは、

  • 身分証明書:運転免許証

  • 住所証明書:健康保険証


がもっともスタンダードかと思います(^^♪

 

まずは上の2つをカメラで撮影しておきましょう。

運転免許証は裏面に記載がある場合、両面撮影をします。

 

XMの口座を有効化する


次にカメラ保存をしているスマホもしくはタブレットで、ログインします。

すると「こちらより口座を有効化する」と出てきます。

もし上の案内がない場合は、右サイド「マイ・XMTrading」の欄に「書類のアップロード」があります。

 

それぞれの「参照」をタップして、画像をアップロードします。

終えたら「書類をアップロードする」をタップ

 

するとメールで完了通知が届きます。

しばらく時間をおいて再ログインし、「有効化済み口座」になっているかを確認してください。

遅くても24時間以内に反映されます。

 

注文方法・入金方法はこちら。

 

XMではマイナンバー不要


XMの口座開設、お疲れさまでした~。

まだのあなたは[こちら]からどうぞ。

 

ここまででお分かりかと思いますが、XMをはじめ海外FXではマイナンバーの提出は必須ではありません。

運転免許証や健康保険証などで代用ができます。

 

詳しくは前に書いた記事で紹介しています。

【関連記事】国内・海外で比較。なぜマイナンバーが必要なのか Check!