FX経営サロン

~お金好きが書く、お金好きのためのサイト~

仮想通貨

仮想通貨とは?ビットコインの歴史

更新日:

仮想通貨についても記事を書いていくことにしました。

というのも、仮想通貨はこれからFXにも大きく影響してくるからです。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、実際には存在しない、手にとることのできない、形のないバーチャル通貨です。

ゲーム上で使用するお金を○○ゴールドと言ったりしますが、イメージはそれと同じです。

それがゲーム上ではなく、現実世界で使用することができ、さらに現金化することもできるのです。

ビットコインとは?

仮想通貨には、非常に多くの種類の通貨があります。ドルやユーロ、円があるのと同じです。

そんな仮想通貨の代表的であり、有名なものが「ビットコイン(bitcoin)」なのです。

仮想通貨はビットコインしかないと思っている人も多いはずです。

しかし、実際には仮想通貨は既に数百という種類があるのです。

こんなにも種類が多いのは、国や銀行のルールに縛られることなく誰でも発行することができるからです。

仮想通貨はリアルタイムで相場が変動し、円やドルにも交換することができるため、通常の為替取引と同様に、日々実際の通貨と取引されています。



仮想通貨の歴史

2008年ナカモトサトシと名乗る人物が仮想通貨(ビットコイン)についての論文を公表しました。

ナカモトサトシさんの国籍は不明であり、本名なのかも現時点で分かっていません。

実際のプロトタイプのプログラムは、その一年後の2009年にネット上に公開されたのが始まりです。

そして、それを見た世界中のプログラマーがそれを書き換えていき、現在に至ります。

そのため、現在流通しているビットコインは当初のプログラムから90%以上変わっています。

仮想通貨と電子マネーの違い

電子マネーは日本円をチャージして利用するものです。

そのため、日本円と密接な関係があり、他の通貨ではチャージもできません。

しかし、仮想通貨は日本円とは全く関係がない別の通貨という形になります。

そして、例えばセブンイレブンで使用できる電子マネーである「nanaco」は、会社が管理をし、限られた場所でしか使うことができません。

しかし、仮想通貨は管理している組織が存在しません。

そのため、利用したい所で利用できる非常に自由度の高い通貨なのです。

仮想通貨を守るセキュリティ

自由度が高くなると、心配になるのがセキュリティです。

日本円やドル等の通貨は銀行に預けることで、銀行が守ってくれていますが、上でも述べた通り仮想通貨を管理する組織は存在しないのです。

そんな後ろ盾もない通貨が、どのようにして実際の通貨と同様に流通しているかというと、しっかりとしたセキュリティを確保する「ブロックチェーン」という技術が用いられています。

ブロックチェーンとは?

仮想通貨は、実際手に取ることのできないバーチャルの通貨のため、情報が全てになります。

その情報が何らかの影響で改ざんされたり、書き換えられたりしてしまうと、気付いたら自分のお金が減ったり盗まれたりしてしまうことにもなりかねません。

それを防ぐために、ブロックチェーンという技術があります。

簡単に説明すると、たくさんの場所に同じ情報を保管する技術です。

例えば、不正をして自分の持っているお金を多く持っているように見せかけても、他の場所にある同じ情報が、その情報と照らし合わせることで不正であることを暴く技術なのです。

この技術を利用するため、ブロックチェーンを利用する人は、全く知らない第三者の元に記帳残高や取引記録を保存し監視下に置くことになります。

そのため、Aさんが不正をしようと思ってもBさんやCさんの情報と照らし合わせ、「Aさんは不正しようとしている」と気づくことができるようになっています。

これがブロックチェーンです。

ブロックチェーンが動く仕組み

日本円であれば、不正に遭わないために、自分で通帳を確認する必要があります。

しかし、ブロックチェーンの技術を用いれば、監視をしているのはブロックチェーンに参加している全員のため、意図的に確認をしなくても、不正でないことを自動的に確認してくれるのです。

まとめ

これから仮想通貨についての記事を増やしていきます。

仮想通貨で知りたい内容等ありましたら、是非こちらからリクエストください。

-仮想通貨
-, , ,

Copyright© FX経営サロン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.