FXユーチューバーのナオミです。

前回の動画で、10万円から始めるFXトレードをご紹介しました。

【関連記事】10万円から始めるFXトレードを教えてください。

 

そのなかで「毎月1万円を積み立ていく」と言いました。

今回はその続きです。

 


 

ただし、この手法は私個人が実践しているものです。

最終判断は自己責任でお願いします。

 

FX手法 積立に利用する通貨ペア


それではまず、積立をする通貨ペアの内訳です。

積立1万円の内訳

 

どこかで見覚えがありませんか?

そうです、10万円の時と同じ割合です

今回は1万円ですので、金額が10分の1になっています。

 

そしてレバレッジは前回と同様に1倍です

ほぼ現物売買です。

株式投資などの金融商品よりも低リスクなんですよ!

 

すると取引数量も求めることができます。

積立1万円 取引数量

※為替レートは2018年12月現在です。


 

そしてこの手法ですが、積立額1,000円からでもいけます

その際は、さらに10の1の金額に調整してください。

 

FX手法  積立をするタイミング


次に、積立購入をするタイミングです。

これは購入月の前月から用意していきます

 

ですので、初回で10万円分の購入をした後は、すぐに翌月の準備にとりかかりましょう。

ここで注意する点は2つです。

 

まず1つ目は注文方法の種類です。

「前月から用意していく」と言ったのでお分かりかもしれませんね。

指値注文でおこないます

 

ただし購入月になっても約定しなかった場合は、成行注文に変更をします。

と言うのも、この手法は毎月1回の積立投資を前提にしているからです。

しかし話がややこしくなるので、とりあえず指値注文で話を進めていきます。

 

ところで、なぜ前月から指値注文をしていくのか分かりますか?

それは少しでも割安な価格で購入をしたいからです

 

例えば、1ヶ月間の値動きがこのように動いたとします。

積立投資 指値注文1

 

その際、翌月よりも、それより前の[約定]のところで購入するのがお得ですよね。

このようにFXの変動幅を最大限に活かしています。

 

FX手法 指値注文のデメリット


ただし指値注文には、デメリットもあります。

 

例えば、翌月になっても値下がりが続く場合。

積立投資 指値注文2

 

指値価格に届かず、相場が回復してしまった場合。

積立投資 指値注文3

 

これらは割高での購入になる可能性があります。

 

ただし前回も紹介した、

  • レバレッジ1倍でおこなうこと

  • 4通貨ペアの内訳構成


で対策をとっています。

 

ですので、FXで退場するほどの痛手にはならないと考えています

 

そして2つ目が指値注文の[価格設定]です。

これは4通貨ペアでそれぞれ異なります。

 

積立投資 指値価格の設定

 

例えば米ドル円の場合は、今月よりも80銭安い価格で4,000円分の指値注文を入れます。

今月112.00円で購入をした場合は、111.20円の指値価格になりますね。

 

そしてこの変動幅は、FX歴6年の経験をもとに決めました。

ただし厳密に求めたい場合は、過去の為替相場をインターネットで調べて算出することも可能です。

しかし個人的には、そこまでこだわる必要はないと思っています。

 

FX手法のまとめ


と言うわけで、私のトレード手法をご紹介しました。

1度読んだだけでは難しかったかと思います。

ですので必要に応じて再度、目を通していただけると嬉しいです。

 

またこの手法で利用している会社は[SBIFXトレード]です。

特に取引数量は、1通貨から購入できるので重宝しています。

 

口座開設はカンタンに出来てしまいます。

【関連記事】口座開設の図解