前回、積立投資では[価格下落がメリットになる]とご紹介をしました。

http://fx-salon.com/tsumitate-merit/

 

今回はデメリットについて考えていきます。

 

積立投資は短期的なリターンが小さい


投資では、リスクとリターンが表裏一体です。

これは[低いリスクであればリターンも低い][高いリスクであればリターンも高い]ことを意味しています。

 

そして積立投資では元手資金を分割して投資に回すため、1回あたりの投資額が少なくなります。

そのため、一気に元手資金をつぎ込むよりもリスクが低くくなるメリットがあるのです。

 

しかし一方で[リターンが小さくなる]というデメリットがあります

 

ですので、積立投資は短期的な投資には不向きです

長期でコツコツ資産を増やしていくことで強みを発揮します。

 

現に私も3ヶ月以上の保有を視野に入れた運用をしています。

運用実績などでも紹介しているので、ぜひご覧いただけると幸いです。

 

http://fx-salon.com/2018-september/

 

積立投資でも元本割れのリスクがある


このように[リスクが小さくリターンも小さい]積立投資。

特に[リスクが小さい]点では、元本割れしにくいイメージを持つ方も多くいます。

 

しかし積立投資であっても元本割れするリスクはあります

ただ、一気に元手資金をつぎ込むよりはその額が小さく済むというだけの話です。

 

元本割れするシーンとしては、[値下がりが続いているとき]です

[ドルコスト平均法]という鉄板手法もありますが、あまりに過信するのは危険です。

 

LIGHT FXあれば、含み益の出金ができる


そこで重要となってくるのは為替差損が出て元本割れをしていても、スワップポイントを出金できるかどうかです。

 

例えば2018年10月に保有していた、米ドル円の資産状況は次の通りでした。

  • 為替差損:-2,577円

  • スワップポイント:16,456円


 

この場合、スワップポイントだけを引き出すことができれば、為替差損は為替差益に転換する可能性があります

なぜなら「スワップポイントだけ出金=ドル円のポジションを保有し続ける」ことを意味するからです。

 

そしてここからが重要なのですが、[LIGHT FX]ではこのスワップポイント:16,456円を出金することが可能です。

つまり積立投資で元本割れをするデメリットを、限りなくゼロにすることができます

 

またこれは、積立投資が[長期保有]を前提としていることから成り立つものです。

なぜなら長期保有をすることで[スワップポイント]が貯まるからです。

 

先ほど[積立投資は短期的なリターンが少ない]とご紹介しましたが、それを逆手に取った手法となります

 

さらにこの裏ワザは、すべてのFX会社でできるとは限りません。

そのような中[LIGHT FX]はスワップポイントのみを出金できるので、積立投資に最適なFX会社だといえます。