FX経営サロン

【年利10%】でお金を増やすための方法(情報)を発信しています。

FX口座を選ぶ際の注意点

チャンスを逃さない。注文機能が充実した3社

更新日:

はじめに

FX はハイリスク・ハイリターンな取引が個⼈投資家でも可能なため、リスク管理が⼤切になってきます。

 

リスク管理が上⼿くできない初⼼者のうちは、⽇常⽣活に⽀障がきたす恐れがありますので、各社が提供している注⽂機能を上⼿く利⽤していきましょう。

 

ここでは注⽂機能を利⽤する上で不可⽋な、

  • 基本編:基本機能4 つ
  • 応用編:トレール注⽂

について紹介しています。

 

またトレール注⽂を提供している会社がどこなのか、についても簡単に触れています。

 

 基本編

各会社が提供する注⽂機能は、基本注⽂機能4 つが元になっています。

 

複雑なものになるほど使いこなしていくためには、⼗分な理解が必要となりますので、そのウォーミングアップとしてぜひ知っておきましょう!

 

まずFX をする上では、

  • 逆指値(ストップ)注⽂
  • IFD注⽂
  • OCO注⽂
  • IFO注⽂

以上の4 つは知っておかなければなりません。

 

いずれも指値注⽂を応⽤したもので、

  • 時間
  • メンタル

に左右されないトレードが実現できます。

 

基本注文の特徴

逆指値注⽂は損失を⼩さく抑えるための機能で、あえて不利な注⽂を出すことで損⼩利⼤のリスク管理に⼀歩近づきます。

 

IFD注⽂OCO注⽂は2 つの注⽂を⼀度に発注する機能で、

  • IFD注⽂:新規、決済に1 つずつ注⽂
  • OCO注⽂:新規もしくは決済に2 つの注⽂

をする違いがあります。

 

そしてIFO注⽂はIFD+OCO=IFO という意味で、⼀度に3 つの発注をおこないます。
使⽤例をあげますと…

 

【現在値100.50 の時】

  • 新規:100.00 買い(指値注⽂)
  • 決済1:102.00 売り(指値注⽂)
  • 決済2:99.00 売り(逆指値注⽂)

のような注⽂で割安での購⼊で利益を狙いながらも、損失は限定することができます。

 

応用編

それでは応⽤編のトレール注⽂について紹介していきます!

などがトレール注⽂を提供している会社として有名で、値動きを追跡し逆指値の位置を⾃動的に変更していくのが特徴です。

 

例えば上昇トレンドで新規の成⾏注⽂をした際、トレンド転換になるまで保有し続けたいとします。

 

そのトレンドの転換点を決めるのがトレール幅で、⽬安としては100pips を基準に変動幅の圧⼒(ボラティリティと⾔う)に合わせて調整していきます(ドル円は1 円、ユーロドルは0.01 ドルが100pips )。

 

図にすると以下のようになります。

【値幅1 円でのトレール注⽂を出した場合】


参考:FXビギナーズ

 

トレール幅について

トレール注⽂のトレール幅についてもう少し詳しく紹介していきます。

 

逆指値の位置は価格が上昇するにつれて切り上がっていきますが、反対に切り上がった逆指値が切り下がることはありません。

 

つまり現在値がいくらであっても(トレール注⽂が発動されている限りは)常に0〜100pips の間に逆指値決済が⼊っていることになります。

 

メリットとしては通常の逆指値注⽂のように、価格を指定するわけではありませんので含み益で決済ができることです。

 

例えば

  • 100 円で新規成⾏注⽂
  • トレール幅1 円

とした場合、101 円を超えると含み益で決済されることが確定します。

 

トレール注文に必要なスキル

トレール注⽂で⼤事になってくるのは、テクニカル分析のスキルです。

 

流動性の⾼い

  • ドル円
  • ユーロ円
  • ユーロドル

では初⼼者でも真⾯⽬に取り組めば、テクニカル分析を活かしたトレード、つまりトレール注⽂で⼤きな利益を狙うことができます。

 

またファンダメンタルズ分析を合わせると特定の通貨ペアに資⾦を集中させることができます。

 

例えば2017 年5 ⽉現在、トレール注⽂に最も適している通貨ペアはユーロドルです。

 

なぜなら

  • ⽶国(ドル):⾦利政策の値上げ
  • 欧州(ユーロ):国⺠投票(EU 離脱に⼤きな影響を与える)

と注⽬度が⾼いニュースが⻑期に渡って続くからです。

 

少なくとも今年⼀杯(2017 年内)は、ユーロドルの流動性は他の通貨ペアよりも⾼い傾向にあります。

 

まとめ

各会社が提供している商品については今回しませんでしたが、いずれもここでの内容が基本になっています。

 

  • 本業があるので売買タイミングを逃す恐れがある
  • チャートを⾒ていると事前に決めた売買ルールを変更したくなる

と⾔った、トレードで発⽣する悩みを解決に導いてくれます。

 

また、サラーリーマン・主婦は必見。副業でもプロ並みのテクニカル分析ができるFX会社では

  • 売買シグナル

について紹介しています。

 

そちらも合わせてご覧ください!

 

スポンサードリンク

 







 







-FX口座を選ぶ際の注意点
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© FX経営サロン , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.