仮想通貨

仮想通貨とトークンの違いは?

更新日:

仮想通貨を勉強していると、トークンという言葉が出てきます。

仮想通貨だけでも様々な種類がある中で、トークンにもまた様々な種類があります。

混乱する人も多いと思うので、分かりやすく説明します。

トークンと仮想通貨の違い

まず下記をご確認ください

イーサリアムというブロックチェーン技術を使った仮想通貨→ETH

リップルというブロックチェーン技術を使った仮想通貨→XRP

NEMというブロックチェーン技術を使った仮想通貨→XEM

ビットコインというブロックチェーン技術を使った仮想通貨→BTC

これを見ていただければ分かるように、仮想通貨とは言わばブロックチェーン技術の名前でもあるのです。

新しいブロックチェーンの技術が生まれるとそこには新しい仮想通貨が生まれることになります。

一方、トークンは既存のブロックチェーン技術を使った新しい仮想通貨と考えてください。

つまり、ビットコインやイーサリアムのブロックチェーン技術を使って新しくトークンを作っているのです。

まだ??な人が多いと思います。

新しいブロックチェーン技術=新しい仮想通貨なのに、既存のブロックチェーン技術で新しいトークンと言われてもピンとこないですよね。

ご安心ください、さらに細かくご説明します。



トークンは株式みたいなもの

トークンを理解するためにイメージして欲しいのが株式です。

株式はそれぞれの会社が資金を集めるために株式を売ります。

そして、その会社が成長すると共に株式の価格が上昇していき、最初に購入した人がその株式を売却することで利益をもらえる仕組みになっています。

また、株式の場合は持っているだけで会社からもらえる配当がありますよね。

トークンも基本的には株式と同じと考えてください。

それぞれの会社が独自のトークン(株式)を販売し、資金を集めます。

そして、会社が成長するにつれてトークンの値段も上がります。

価格が上昇した後に、トークンを売却することで利益を得ることができるというわけです。

また、最近では配当型のトークンも出てきています。

トークンを保有していると、そのトークンが使っているブロックチェーン技術(イーサリアムやビットコイン)が配当としてもらえたりします。

トークンはどこの会社も自由に発行することができるので、これから発行する会社がどんどん増えていくのではないかと私は考えています。

トークンの売買は、取引所のZaifですることができます。取引所が分からない方はこちらを参照してください。

こちらの記事でオススメした取引所である、coincheckbitFlyerではトークンを買うことができません。

仮想通貨に詳しくなってくればトークンへの興味も増してくると思いますので、幅広くチェックすることで将来有望なトークンに巡り会えるかもしれません。

Peing(質問箱)を始めました。

お知らせ

匿名の質問箱[Peing]を始めました。

解答はブログ内でおこなっていきます。

FXのことなど気軽に質問してくださいね。

【Peingでナオミに質問する】

ツイッターのタイムライン

-仮想通貨
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© FXだけで田舎で暮らそう , 2018 All Rights Reserved.