FX経営サロン

【年利10%】でお金を増やすための方法(情報)を発信しています。

本気の雑学

テクニカル分析はメンタル分析ー価格は感情で動く

投稿日:

はじめに

なぜ価格は思うように動かないのでしょうか。

理由は、予測不可能な人間のココロにあります。

そしてその人間のココロを分析する手法がテクニカル分析になります。

 

今回の解説はテクニカル分析を使用する際に、あらかじめ知っていて欲しい事についてです。

 

価格予測クイズ

突然ですが問題です。

以下の図は、ドル円(60分足)チャートの一部を切り取った物です。

1日後、どのようなチャート形成をしているのか予測してみましょう(答えは[まとめ]にあります)。

この予測するという行為がテクニカル分析の基本となります。

そして、

  • 移動平均線、一目均衡表、MACD、RSI

といった指標は、テクニカル分析をサポートする役割を果たしています。

 

さらにテクニカル分析で予測すると言うのは、人間のココロを読むと言うことでもあります。

一体どういうことなのでしょうか。

テクニカル指標の分類と共にみていきましょう

 

トレンド系とオシレーター系―心を読む2つの指標

テクニカル分析には①トレンド系と②オシレーター系の2つがあり、それぞれ以下のような特徴があります。

  • ① トレンドの強さを読む(上昇・下降の圧力):MACD、移動平均線など
  • ② トレンドの転換を読む(買われすぎ・売られすぎ):RSI、ストキャスティクスなど

 

また価格と言うのは、買い数量売り数量が同じになるところで決まります。

例えば価格が上昇しているときに①と②の指標を使うと、以下のような解釈ができます。

  • ① 買いたい人が沢山いる→だから買い注文
  • ② いっぱい買われているからそろそろ売られる→だから売り注文

 

そして①と②どちらの考えを持つ人が多いのか、つまりどちらの指標が高いシグナルを示しているかを調べていきます。

 

つまりテクニカル指標は買いたい人と売りたい人の気持ちの大きさを数値化したものであり、テクニカル分析は人間のココロを読む分析手法なのです。

 

判断の仕方は十人十色

一見、占いのような魅力をもつテクニカル分析ですが、それがゆえのデメリットもあります。

それは注文の判断方法が一つではないと言うことです。

 

冒頭であげたクイズでも価格が上がると思う人・下がると思う人で様々な意見が分かれます。

これはFXをする多くの投資家が、仮にテクニカル分析を使いこなせたとしても同じ結果になります。

 

なぜなら、

  • ① テクニカル指標のシグナルは時間足によって様々
  • ② 各投資家によって使用する指標が異なる

からです。

 

①に関しては短期足では上昇局面、長期足では下降局面に入っている場合です。

一般的に短期トレーダーが多いFXですが、中にはスワップ運用の長期保有で取引する方もいらっしゃいます。

このような場合、

  • 短期トレーダー:買い注文
  • 長期トレーダー:売り注文

という判断になります。

 

また②に関してはトレンド系を好むトレーダーは、オシレーター系を重視しない可能性があります。

仮にある時間帯の為替相場がトレンド系を好むトレーダーで占めていた場合、どんなにオシレーター系で強いシグナルが出ていたとしても、トレンドが転換せずそのまま継続する可能性が出てきます。

 

人間のココロを読むのに100%はない

以上のように価格はさまざまな趣味・趣向を持つ人々で形成されますので、あなたが予測したような動き方をしないことがあります。

 

大事なのは判断を過信しないことで、どんなに入念な分析をおこなったとしても100%的中する方法は存在しないのです。

ベタなことですが、思惑と外れたときに備えたリスクコントロールが大切になります。

 

また人間のココロそのものにも信用できない部分があります。

それはプロトレーダーが多く存在するFXであっても言えることで、価格はときに冷静判断よりも感情的な判断で動いてしまうのです。

 

プロが多いから[冷静な判断で動く]は大間違い

ここでひとつ、テクニカル分析の原点を知る書籍を紹介します。

参考 経済は感情で動く

 

この書籍自体はテクニカル分析に関するものではないのですが、たとえプロトレーダーであっても、その思考回路の大部分が感情に支配されていることを学ぶことができます。

 

簡単なところで言えば損切りができない心理です。

事前に損切りラインを決めていたとしても、執行直前になって注文を取り消してしまう経験は誰にでもあるものです。

この心理は本能的に備わっているため、プロトレーダーでも完全には払拭できない課題となっています。

 

また先述のテクニカル分析が100%的中できないのも、その根底に人間のココロが直前になって判断を変えることが挙げられます。

[関連記事] 【国内】 追証ありは天使の顔をした悪魔―損大利小がもたらす悲劇―

 

テクニカル分析の精度を上げるためのコツ

FXを含め、投資で100%的中させる方法は残念ながら存在しませんが予測精度を上げる方法はあります。

 

具体的には、

  • ① 一つの時間足だけでなく複数の時間足を分析をする(5分足・60分足・日足など)
  • ② トレンド系・オシレーター系の2指標を用いる
  • ③ ファンダメンタルズ分析も必ずチェック

の3つです。

 

①については短期・長期ともに同じトレンド形成をしていると、予測精度は高まります。

 

②については2つの指標を比較して、より強いシグナルが出ているものに価格が動く傾向があります。

例えば、

  • トレンド系のシグナル>オシレーター系のシグナル

だった場合、価格は今後も現在のトレンド(上昇局面であればそのまま上昇する)に従うと判断できます。

 

③については(雇用統計や要人発言といった)ファンダメンタルズ分析に関する指標は、テクニカル分析でダマシを発生させる原因になります。

理由は(FXをしていない)国民にも影響を与える指標であるため、テクニカル分析よりも重要度が増すからです。

 

たとえば強いシグナルがテクニカル分析で出ていたとしても、(ファンダメンタルズ分析による)重要指標の発表前であれば、その発表が終わるまで注文を控えることが得策になります。

 

まとめ

先ほどの[価格予測クイズ]の答えはこちらです。

正解の有無に関わらず大事なのは、投資家心理を読みそこから答えを導くという作業そのものにあります。

 

どんな分析手法であっても100%的中させる方法は残念ながらありませんが、だからといって勉強をしなくても良いというわけではありません。

 

なぜなら人間のココロが支配する中にもFX特有のクセが存在し、勉強することそのものがメンタル・コントロールになるからです。

 







-本気の雑学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© FX経営サロン , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.