どうもナオミです。

今回は[FXの税金]について考えていきましょう。

 

 FXは確定申告が必要なの?



 

そもそもFXで得た利益には税金がかかります。


そして私たち自身で[確定申告]をしなければなりません。

 

具体的にはパソコンなどで確定申告書を作成して、最寄の税務署に提出をします。

そして後日、口座振替などで納税が完了します。

 

詳しい内容はこちらでご確認ください。

【関連記事】FXの確定申告

 

申告の時期は、毎年2/15~3/15。

課税の対象は前年の1/1~12/31に発生した利益・損失になります。

 

 FXで税金がかかるタイミング


そして[利益・損失]の定義ですが・・・

ポジション決済をしたものが対象になります

ですので、未決済ポジションで含み益・含み損失を抱えているものは課税の対象になりません。

 

詳しくはFX会社が毎年発行する[年間取引報告書]で確認しましょう。

 

ちなみにスワップポイントに強い[LIGHT FX]もログイン画面から簡単に入手することができます。

 

[税金がかからない運用方法]を実践しています。

【関連記事】10万円から始めるFXトレードを教えてください。

 

 FXにかかる税率は一律○○%


またFXにかかる税率ですが、一律20.315%となっています

 

内訳は、

  • 所得税:15%

  • 住民税:5%

  • 復興特別所得税:0.315%


です。

 

ちなみに復興特別所得税とは、2011年3月11日の東日本大震災がきっかけで制定されたものです。

[被災地復興の財源確保]が目的となっています。

 

2013年1/1~2037年12/31までの損益に対して課税が実施されます。

国税庁の公式サイトに詳しい説明がありますよ。

 

 FXの確定申告が不要なケース


そして確定申告では、利益額や就業形態によって必要・不要が分かれてきます。

引用 確定申告簡単確認チャート楽天証券



 

見極めのポイントは、FXの税金を所得税と住民税に分解して見ていくことです

 

まず所得税に関してですが・・・

給与所得が2,000万円以下の会社員の方は、20万円を下回る[利益額]だった場合に確定申告が不要になります

 

この[利益額]とは、国内FX・バイナリーオプション・日経225先物・CFDなどを合算した金額です。

どういうことかと言うと、[先物取引に係る雑所得等]の合計額のことです。

 

詳しくは、こちらの法令でご確認ください。

 

また主婦や学生さんは、38万円を下回る場合に確定申告が不要になります

これは配偶者控除・扶養控除の対象額が38万円までと定めてあるからです。

 

こちらも法令に書いてあります。

 

 FXの利益額が20万円・38万円でも確定申告が必要なケース


ただしFX以外の理由で確定申告をする場合は、利益額にかかわらず申告しなければなりません

例えば医療費控除や住宅ローン控除を受ける場合は、全ての人が確定申告を必要があります。

その際たとえ1円の利益額であっても、FXの申告は忘れずにおこないましょう。

 

FXで市民税・県民税申告書が必要なケース


次に住民税の注意点ですが、所得税の確定申告が不要だった場合は別途[市民税・県民税申告書]を作成しなければなりません

ですので[先物取引に係る雑所得等]が会社員の方は20万円、主婦・学生さんは38万円を下回っている場合、ここでの内容は要チェックです。

 
市民税・県民税申告書

引用 市民税・県民税(個人住民税)の申告について熊本市



 

詳しくは、お住まいの市区町村役場に確認しましょう。

手続きの期限は多くが確定申告と同じ3/15ですが、早い自治体だと2/15で締め切るところもあります。

 

市民税・県民税申告書の注意点


ただし所得税の確定申告をする場合は、[市民税・県民税申告書]の手続きは不要になります

というのも、確定申告の作成項目の中に[住民税の申告作成]も含まれているからです。

 

ですので繰り返しになりますが、所得税の確定申告が不要+FXの利益がある場合に[市民税・県民税申告書]が必要になります。

 

FXの節税対策4選


ここまではFXの税金に関する基礎的な話をしました。

そして[節税対策]もシッカリと抑えておきましょう

 

節税対策とは合法的に納税額を少なくする方法です

主に4つあります。

  • 損益合算

  • 損失繰越

  • 経費の申告

  • ふるさと納税


1つずつ見ていきましょう。

 

損益合算~FXの節税対策①~


一つ目が損益合算です。

これは「先物取引に係る雑所得等」に該当する投資商品を合算する方法です。

 

先ほどもご紹介しましたが、国内FX・バイナリーオプション・日経225先物・CFDは確定申告では同じ投資商品として扱われます

ですので上記の投資商品で損切り決済したものも、忘れずに合算しましょう。

 

これらのことからも分かる通り、確定申告とは必ずしも利益額だけをおこなうものではありません。

次に紹介する損失繰また越でも、この考え方は重要になってきます。

 

また株式投資や仮想通貨先物取引に係る雑所得等ではないのでFXと合算することはできません

ぜひ注意してくださいね。

 

損失繰越~FXの節税対策②~


2つめの節税対策は損失繰越です。

これは損切り決済をした年に申告をしておくと、その先3年分の利益額と損益合算ができる制度です。

 

例えばある年に100万円の損失を出してしまった場合。

申告をすることで翌年・翌々年・翌々々年の利益に対して150万円までは税金がかからないことになります。

 

引用 税金と確定申告に関する基本情報と復興特別所得税についてYJFX!



 

とは言え、翌年以降の利益が20万円または38万円を上回る場合は、必ず確定申告をおこなってくださいね。

[損失繰越が多額=利益額の申告が不要]と言うわけではないので注意しましょう

 

経費の申告~FXの節税対策③~


3番目はFXで勝つために支払った経費です。

パソコンや書籍の購入・インターネット通信料・セミナー受講料や交通費などが該当します。

ただし[FXに関連した経費のみ]を申告しなければなりません。

 

例えば12万円のパソコンを購入した場合。

全体の1/4がFX、3/4がプライベートでの利用であれば経費として申告できるのは[3万円]となります。

 

そして[経費の定義]ですが…、明確な区別がないのが現状です。

税務署の判断次第ということになっています。

ですので、常識の範囲内で自分が経費だと思うものは積極的に記入しておきましょう

 

さらに利益と経費を合算してゼロ円になった場合。

たとえ税金がかからなくても申告は必ずおこないましょう。

損失繰越と同じで[経費が多額=利益額の申告が不要]というわけではないので注意してください。

 

ふるさと納税~FXの確定申告④~


また最近では[ふるさと納税]も流行っています。

厳密には利用の有無にかかわらず納税額が変わらないため、節税対策ではありません。

しかし返礼品をもらうことができるので、ぜひ活用しましょう

 

私が住んでいる熊本県では[阿蘇のあか牛]など、おいしい特産物を多数ご用意しています。

よろしくお願いしま~す。

【さとふるに新規会員登録する】Check!

 

FXの確定申告と節税対策まとめ


と言うわけでFXの税金についてご紹介をしました。

最後に脱税行為はゼッタイにやめましょう

もし税務署にばれた場合、追加税率が15~20%かかります。

 

違法行為であることはもちろんですが、「後ろめたい気持ちで幸せな人生を送ることができるのか」今一度考えましょう。

分からない点は、税理士・税務署の人に相談すると親身になって対応してくれます

 

[税理士ドットコム]は、私もよく利用しています(^^)

ルールをきちんと守ったうえでFXを楽しみましょうね!