今回も、ウィザードブック・シリーズの紹介です。

マーケットの魔術師』『ゾーン』などと同様、良書となっています。


資金管理に重点が置いてある本


著書:ブレント・ペンフォールド

マーケットや資産運用を知らない投資家:思わぬ落とし穴にはまらないため攻略本

初心者向け相場の教科書:トレードを始めるまでの手順

第1章 現実と向き合う:勝者の登り階段p.59
底辺が「資金管理を学ぶ」:本書は資金管理に重きを置いている

第2章 トレーディングの手順:トレーディングで成功するための普遍的な原則P.65
「そう、まるで学校だ。勉強することだらけ!」
「5. 3本の柱」にページが割いてある:資金管理・売買ルール・心理について後ほど紹介

第12章 一言アドバイス:マーケットの魔術師の縮小版
有名トレーダーへのインタビュー:ラリー・ウィリアムズ、ジェフ・モーガンなど


3本の柱①資金管理

売買ルール・心理よりもトレードで生き残るためには重要

基本原理は単純:損失が出たらポジションを減らす・利益が出たらポジションを増やす

逆マーチンゲール法という資金管理方法:何に重点を置くかで計算式が変わってくる
固定リスク額・固定資金・固定比率・固定ユニット数・
ウィリアムズの固定リスク率・定率・固定ボラティリティ

7つの資金管理について逆マーチンゲール法を使って計算式を交えて説明


3本の柱②売買ルール

4ステップで確立していく

セットアップ:支持線や抵抗線になりそうな水準を見分ける
トレード計画:セットアップをどう利用するか
TEST:30トレードの期待値を検証→誤魔化がきかないように売買結果をメールで送る
破産確率を計算:期待値をもとに破産確率0であればOK

セットアップを決める:どんな手法で分析をして支持線や抵抗線を見分けるか
著書いわく使う指標は少なく単純なもの:小学生でも理解できるもの
p.250の項目:誤魔化しが利かないもの→変数の数が少なく計算式も複雑ではないもの


3本の柱③心理

トレードで直面する感情をコントロールする方法:強欲・恐怖・希望・苦痛

資金管理・売買ルールに比べて割いてあるページが少ない:『ゾーン』がオススメ

本書は資金管理に重きを置いている:資金管理で他に勝る本がない