絶賛、愛用中のソニー銀行。

正しくはVisaデビット搭載の[ソニーバンクウォレット]を利用しています。

ゲーム会社[SONY]の系列会社と言うこともあって、カードデザインがおしゃれ。

ソニーバンクウォレット ポストペット

 

男性にはこちらが人気。

引用 Sony Bank WALLET



 

そしてこのソニー銀行は、[見た目だけ]ではありません。

  • 他社銀行への送金手数料無料:月1回まで(ソニーバンクウォレットは月2回)

  • ATMの入金手数料無料:セブン銀行やイオン銀行など

  • 海外の被仕向け手数料無料:海外FXを利用する人は必見


などなど、日常使いで重宝するメリット満載です。

 

海外FXを利用している方はこちらも合わせてご覧ください。

【関連記事】【Sony Bank Wallet】入出金に決めた理由と、出金時の裏ワザ

 

またATMの出金に関しては2018年11月現在、セブン銀行とイオン銀行において回数無制限で手数料無料となっています。

しかし残念なことに2019年1月から、無料回数が月4回までと制限がつくことになりました

 
改定に伴い、ゴールドステージまでのお客さまについては、セブン銀行、イオン銀行ATMにおける出金(お引き出し)手数料「何度でも無料」は、終了とさせていただきます

引用 外貨預金の為替コストならびにATM利用手数料の改定についてソニー銀行



 

一見すると、魅力が低減したようにも感じますね。

しかしちょっと待ってください!

 

ソニー銀行は、ATMの出金手数料以外にも魅力があるのです。

また頻繁に利用することで[優待プログラム]を受けることもできます。

 

そこで本記事では2019年1月に対応した形で、ソニー銀行のメリットをご紹介していきます

 

ソニー銀行のATM出金手数料


2019年1月の改定後は無料回数を超えた場合、1回あたり108円(税込み)となります

この無料回数とは、優待プログラム[Club S]のステージに応じて月4回~無制限と異なります。

[Club S]の詳しい内容は後ほどご紹介します。

 


















ステージなし シルバー ゴールド プラチナ
無料回数 月4回 月7回 月15回 無制限


参考 外貨預金の為替コストならびにATM利用手数料の改定についてソニー銀行


 

また上記特典を受けることができるATMは全6社です。

  • セブン銀行

  • イオン銀行

  • 三菱UFJ銀行

  • 三井住友銀行

  • E-net(ファミリーマート)

  • ローソンATM


国内であればどのような場所でも、不自由なく利用できることがわかりますね。

 

ATMの出金が無料になる優待プログラム[Club S]について


個人的には月4回も無料であれば特に問題はありませんが・・・

ATMの出金無料回数を左右する[Club S]についても確認しておきます。

しかし少々複雑なので、ここではシルバー・ステージを中心に見ていきます。

 

【シルバー】以下のいずれかを満たすこと。
















月末の残高 合計300万円以上
外貨預金の積立購入 月間合計額5万円以上
投資信託 積み立てプラン 月間合計額5万円以上


参考 優遇プログラム Club Sソニー銀行


 

このシルバー・ステージを達成すると、ATMの出金手数料が[月4回→月7回]になります。

しかしハードルが高い印象です

 

まず300万円以上もソニー銀行に預けることができる人は、珍しいのではないでしょうか?

また外貨預金はFX、投資信託はロボアドバイザーをおすすめします。

 

私が利用する会社は、[FX:SBIFXトレード][ロボアドバイザー:ウェルスナビ]です。

ぜひこちらもご覧ください。

【関連記事】はじめての口座開設

 

さらにゴールド・ステージやプラチナ・ステージでは、[月末の外貨預金残高+月末の投資信託残高]が重要になります。

ゴールドでは合計500~1,000万円未満、プラチナでは合計1,000万円以上です。

 

そしてソニー銀行では、住宅ローンとFXのサービス提供もしています。

これら2つうち1つを利用すれば1ランクアップ、両方であれば2ランクアップします。

 

しかしこの優待プログラム[Club S]は条件内容が複雑です。

ですので、[ステージなし]の詳細を確認していくことをおすすめします

それでも十分メリットはあるので大丈夫ですよ!

 

ソニーバンクウォレットでATMの出金回数を抑える方法


さてここではATMの出金回数をおさえる裏ワザをご紹介します

月4回以上、出金する可能性がある方は必見です。

 

答えはソニー銀行を口座開設する際、[ソニーバンクウォレット]を選択することです

冒頭でも触れましたがソニーバンクウォレットにすることで、Visaデビットがついてきます。

 

Visaデビットとは、お買い物の際にクレジットカードのように利用していく機能です。

レジなどでソニーバンクウォレットを提示し[Visaカードで]といった後、支払い回数は[1回]と伝えます。

 

クレジットカードとの違いがこちら。
























Sony Bank WALLET クレジットカード
支払いタイミング 即時払い 後払い
支払い回数 1回払いのみ 1回・分割・リボ・ボーナス払いなど
利用限度額 預金残高の範囲内 カード会社が定めた金額


参考 Sony Bank WALLETソニー銀行


 

そしてこれがATMの出金回数と、どう影響するのかと言うと…

現金払いをこの[ソニーバンクウォレット]に乗り換えればよいのです

 

多くの方が出金をする理由は[お買い物]をするからですよね?

Visaデビットであれば、VISAカードの加盟店で利用することができます

 

また利用額に対して毎月0.5%のキャッシュバックがありますので、現金払いよりもお得です。

 

ソニー銀行のATM入金・インターネット送金はメリット継続


 

と言うわけで2019年1月にサービス内容が変更になりますが、そこまで気にする必要はありません。

それよりもっとお得なことがソニー銀行にはあります。

 

それは[ATM入金]と[インターネット送金]です。

まずATM入金ですが、2019年1月以降も回数無制限で利用できます

 

対象となるATMは出金と同様、以下の6社です。

  • セブン銀行

  • イオン銀行

  • 三菱UFJ銀行

  • 三井住友銀行

  • E-net(ファミリーマート)

  • ローソンATM


 

また[インターネット送金]は他行宛てへ手数料が、

  • ソニー銀行:月1回無料

  • ソニーバンクウォレット:月2回無料


となっています。

 

先ほどの[Visaデビットの活用]とあわせても、ソニーバンクウォレットが断然お得です

ちなみにソニー銀行同士の送金であれば、回数無制限で手数料無料となっています。

 

そして田舎暮らしの私にとっては、インターネット送金の手数料無料は大変重宝しています。

と言うのも、田舎では地方銀行をメインバンクとして利用する人が多いからです。

 

少し脱線しますが先日、祖母が短期入院をしたときに衣類の洗濯を外部に依頼しました。

その請求額が[864円]だったのですが、熊本の第一銀行[肥後銀行]に送金するように指示がありました。

 

同一銀行間でも手数料がかかりますし、わざわざ車で1時間かけて払いにいくのも億劫だと思っていました。

その時にソニー銀行を利用して、口座開設をしていて良かったと実感しました。

 

ソニー銀行のご家族・ご友人紹介キャンペーン


最後にキャンペーンのお知らせです。

ソニー銀行を口座開設する際は、ぜひご一報いただけると幸いです。

 

[紹介メール]を経由して手続きをすると、3,000円のキャッシュバックを受けることが出来ます

入金額30万円以上が対象となりますので、ぜひご検討ください。

 

毎月1~2人の方からご連絡をいただいてます。

お気軽に声をかけくださいね。

【ソニー銀行の紹介メールをお願いする】

 

またこの紹介キャンペーンも、2019年1月以降に改定があります。

 

ソニー銀行のATMに関するまとめ


様々なインターネット専業銀行がありますが[ソニー銀行]は親近感があります。

[おしゃれなデザイン]と言うこともあるでしょうが、持ち歩きたくなる一枚です。

 

普段使いで特に不自由はありませんし、コンビニATMでの出金手数料は月4回まで無料です

入金や送金そして海外でも活躍します。

 

さらに私のように田舎暮らしをしている、もしくは検討している方も必見です。

 

[はじめてのネット銀行]を検討するさいはぜひ参考にしてくださいね。

【ソニー銀行の紹介メールをお願いする】