FX経営サロン

【年利10%】でお金を増やすための方法(情報)を発信しています。

FX口座を選ぶ際の注意点 はじめの一歩

ズボラなあなたも安心。口座比較はこの3つだけ

投稿日:

はじめに

当サイトではFX口座を選ぶ際の注意点として項目別にオススメのFX会社を紹介しています。

 

しかしそもそもあなたは、

  • 自分は何を重視して会社を選べば良いのかわからない

と悩んでいるかもしれませんね。

 

そこで今回は、全くの無知な状態でもこれだけは抑えてもらいたいFX会社の選び方について解説します。

 

この3つは必ず確認

口座比較のさいは必ず、

  1. 取引単位数
  2. スプレッド
  3. スワップポイント

の3つは確認してください。

 

さらに言うと会社によって、

  • 得意な通貨
  • 不得意な通貨

がありますので、比較の際は同じ通貨ペアでおこなっていきます。

ここでは日本人投資家にメジャーな米ドル円を例に解説していきます。

 

①取引単位数

  • SIB FXトレード:1通貨単位
  • マナーパートナーズ(FXnano):100通貨単位

となっており、ほかの会社は1,000通貨単位が基本となります。

 

取引単位数が小さければそれだけ少ない元手資金で始めることができますので、リスクを熟知していない初心者の方でも安心です。

 

また巷ではデモトレードを推奨するサイトが多くありますが、個人的には数百円のリアルトレードから始めることを強くお勧めします。

 

なぜならデモトレードでは、損益をもっとも左右するメンタルを鍛えることができないからです。

つまり大事な資産が減っていくことは、想像を超えるほどのストレスを与えリアルトレードでしか学ぶことができないのです。

 

[関連記事]テクニカル分析はメンタル分析ー価格は感情で動く

 

②スプレッド

米ドル円0.3銭が当たり前になっている国内FXですが、

  • SBI FXトレード0.27銭
  • マネックス証券0.20銭

で提供しています(2017年9月現在)

 

一方で、

  • 外為オンライン:1.0銭
  • カブドットコム証券:0.6銭

など、割高な会社もあります。

 

  • 会社の収益
  • 投資家の費用

に相当するものがスプレッドであり、個人的には割安を重視することをお勧めします。

 

なぜならトレード経験を重ねるに連れて割高スプレッドが煩わしくなってくるからです。

したがってまずは低スプレッドから挑戦してその後、サービス内容によって高スプレッドを追加口座するというルートが得策となります。

 

[関連記事]米ドル円0.3銭は当たり前、スプレッドと合わせてチェックするものとは

 

③スワップポイント

例えば先ほど紹介した会社のスワップポイントは、

  • SBI FXトレード:44円
  • マネーパートナーズ:34円
  • マネックス証券:44円
  • 外為オンライン:55円
  • カブドットコム:35円

とおなじ米ドル円でも異なっています(すべて1万通貨当たり)

 

また冒頭でも述べたように各会社によって得意・不得意の通貨ペアがありますので、仮に豪ドル円で比較するとまた異なる会社が上位にでてきます。

 

詳細はこちらをご覧ください。

[関連記事]豪ドル、米ドルで為替差益もゲット。スワップ運用におすすめの会社

 

しかしここで一体どの通貨ペアで、どんな取引をすればよいのかと疑問になりますよね。

参考までに当サイトで推奨しているトレードスタイルを紹介します。

 

推奨するトレードスタイル

突然ですがあなたは、ミセスワタナベという言葉をご存知でしょうか?

日本の個人投資家を指しているのですが、わざわざ通称(あだ名)で呼ばれるのはそのトレードスタイルに特徴があるからです。

 

それが、

  • 米ドル円
  • スワップ狙い(買いポジション)

のトレードスタイルであり、当サイトでも多く取り上げています。

[関連記事][動画あり]ミセス・ワタナベー世界を揺るがす存在

 

推奨する理由としては、アメリカは日本人に最もなじみがあり情報収集もしやすく(米ドル円)、貯蓄感覚で取引ができるからです(スワップ狙い)

 

つまり初心者でも取り組みやすいトレードスタイルなのです。

また多くの国内FX会社も、ミセスワタナベを対象にするサービスを充実させています。

 

したがってまったく無知の状態でのFX会社選びは、

  • 米ドル円のスプレッド
  • 米ドル円のスワップポイント

で比較してみましょう。

 

さらに取引通貨単位も低ければ、なおgoodです。

[関連記事][NAOMI流]スイングトレードとはーFXの必須を学ぶ

 

とりあえず無視して良いもの 

口座比較では他にも、

  1. 取引ツール
  2. 通貨ペア数
  3. 会社の信頼性

などポイントはありますが、とりあえず無視して問題ありません。

 

もちろん大事な項目ではありますが、

  • 初心者が高度なテクニカルツールマイナー通貨を扱うには難易度が高すぎる(1,2)
  • 日本のFX規制は世界的にも厳しく、最低限もしくはそれ以上の健全性が確保されている(3)

からです。

 

強いて言えば、比較サイトなどでよく登場する主要17社では、

  • 基本の注文機能4つ
  • 主要通貨ペア7つ
  • 信託保全

は必ず用意されています。

 

つまり取引単位数・スプレッド・スワップ以外に関しては、実際にトレードをしていくなかで検討しても決して遅くはないのです。

 

[関連記事]

 

まとめ

FX口座は無料で開設することができますし、むしろキャッシュバックとして元手資金を提供してくれます。

もちろん複数の口座をもつことが可能です。

 

まったく無知の状態でのスタートであれば、

  • 小さな取引単位数
  • 低スプレッド
  • 高スワップ

を提供する会社を重視してください。

 

また比較の対象は米ドル円でおこない、トレード経験を重ねながらあなたに合った会社を徐々にみつけていきましょう。







-FX口座を選ぶ際の注意点, はじめの一歩
-, , , , , , , , , ,

Copyright© FX経営サロン , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.