前作『マーケットの魔術師』に続き、読んでみました。

やはり、名著ですね~。

特に、著者自身がトレーダーとして・インタビュアーとして、成長していることを実感しました。


マーケットの魔術師とは


世界的に有名なトレーダーが収録:トップトレーダーへのインタビュー集

「トレードで成功するための秘訣を学ぼう」というのが趣旨:ウィザードブック1つ=達人

4冊のシリーズ本になっている:他にも大損失編・システムトレーダー編が出版


『新マーケットの魔術師』とは

前回紹介した『マーケットの魔術師』の続編→前作では収録してないトレーダーが登場

前提:世界にはトップトレーダーはたくさんいる=それぞれで手法も考え方も異なる

インタビューしている人数:前作が17人+本作17人=合計24人

2冊で24種類のトレードで成功するための秘訣を学ぶことができる
最終的には自分のやり方に落とし込んで勝ち組に近づいていく


『マーケットの魔術師』との違い① 冒頭

特に、インタビューをしている著者シュワッガーさん意見が印象的

前作だけでは自分が完璧なトレーダーになったとは言えない
もっと多くのトップトレーダーにインタビューして学ばなければならい


『マーケットの魔術師』との違い② 巻末

「魔術師たちの金言集(キンゲンシュウ)」

トレードでの成功条件が42掲載→著者が2冊を書き上げた段階で考えたことが基礎

前提:トップトレーダーといってもトレードスタイルはさまざまな→手法に関しては正解がない

分析:ファンダメンタルズ分析のみ・テクニカル分析のみ・またはその両方
期間:2日間を長期と考えるトレーダー・2ヶ月を短期と考えるトレーダー

トップトレーダ―の共通点:その共通点が巻末で42個、書いてある

その中で私が印象的だった項目→後ほど紹介:巻末だけでも前作に勝るメリットがある


『新マーケットの魔術師』を読んだ感想

レビューを見ると:前作を読んだ人は本作もおすすめする→2冊すすめる理由が分かった

理由:成功する秘訣の数を知れば知るほどトレードスキルの向上→勝ち組に近づく

本作の場合:前作よりも質・量ともにボリュームがある→インタビュー内容がより的確

著者自身もインタビュアー、トレーダーとして成長→2冊読むことで人間味を感じる

巻末:「魔術師たちの金言集」で私が印象に残ったところ→11条「規律」
本書によると:インタビューしたトレーダーたちが最も頻繁にいっている言葉

トレードで勝つためには規律を守ることが重要

具体的:①徹底したリスク管理を維持する、②自分の取引手法をためらいなく実行する

私の場合:トレード記録を一般公開→自分のトレードでをさらけだす。
最近はTwitterにも力を入れる:自分自身がラクな方向にいかない心がける