FX経営サロン

~お金好きが書く、お金好きのためのサイト~

トレード

[副業]会社にバレない方法1つと、おすすめサービス3つ

更新日:

はじめに

本サイトでも紹介しているNAOMIが実験中の手法は、副業に適したものとなっています。

 

〔関連記事〕【11月の取引実績】米国税制改革と北朝鮮ミサイル問題

 

したがってここではFXを副業として利用するかたの悩みにピックアップしました。

 

具体的には、

  • FXをしていることが会社(勤務先)にバレないのか?
  • バレないためにはどのような対策を打てばよいのか?

と言ったことをメインに解説しています。

 

詳しく見ていきましょう。

 

副業とは

本題に入る前に、そもそもFXとは副業なのでしょうか。

厳密に言うと副業に該当します。

 

その根拠は、以下の専門家による意見の通りです。

(1)他の会社の役員になること
(2)他の会社の従業員として雇用契約を結ぶこと
(3)営利を目的とする業務を行うこと

参考 副業の定義

 

しかし法的には個人の自由が保証されており、副業による降格や解雇(クビ)は人権侵害で訴えることが可能です。

それでも不安は残りますよね?

 

対策を打つタイミング

少なくともNAOMIの手法は1日1回の為替チェックで十分ですので、裁判所が禁止する副業には該当しません。

裁判所が禁止する副業
(1)会社の秩序に影響を与える副業競合他社で働く、設立することは、会社の利益と相反してしまう恐れがある
(2)労務の提供に格別の支障をきたす副業本業に支障が出る可能性のある、長時間労働や肉体労働など

参考 副業の定義

 

そこであなたは、

  • FXをしていること自体がバレたくない

と考えますよね?

 

バレる確率が高くなるタイミングとしては、FXでの収益を確定申告するときです。

そのさい、住民税の支払い方法を普通徴収にしてください。

参考 確定申告書B

 

これだけでFXの実態を隠すことができます。

 

(補足)収入にかかる税金 

そもそもFXに限らず収入を得た際は(勤務先のお給料も含む)、

  1. 所得税
  2. 住民税

の2つの税金がかかります。

 

①は2/15~3/15に、前年の収入に応じた金額を一括払いで納めなければなりません。

一方で②は、4・7・10・1月の年4回にわたって前年の収入に応じた金額を納めます。

 

勤務先のみの収入であれば、会社が自動的に納税をしてくれますので意識する必要はありませんが…

 

FXなど個別で収入を得る場合には最低限、上記2つの税金を理解していなければバレない対策を打つことは困難です。

 

また支払方法についても両者には違いがあります。

 

①の場合は、

  • 銀行引き落とし
  • 税務署に出向いて直接納税

の2種類ですので会社にバレることはありません。

 

しかし②は、

  • 普通徴収
  • 特別徴収

の2種類であり、誤って特別徴収にすると勤務先のお給料から(年4回にわたって)天引きされてしまいます。

 

まだ不安なあなたへ

とりあえず会社にバレないためには、確定申告時に住民税を普通徴収にすることで解決します。

 

しかし本当にこれだけで良いのか1人では不安ですよね?

 

またFX収入で年100万円以上を目指す場合は、節税対策など専門家のサポートもあわせて考えたいところです。

 

そこで勤務先以外での収入が安定してきたら、

  1. 税理士ドットコム
  2. コジサポLINE@

を利用しましょう。

 

①の場合は公式HPから税理士による無料相談受けられ、必要に応じて顧問税理士を紹介してもらえます。

 

また②の場合はLINEを介してのやり取りになりますので、気軽に税理士からのサポートを受けることができます。

 

敷居の高さとしては、

  • 無料相談(税理士ドットコム)
  • コジサポ@LINE
  • 顧問税理士の紹介(税理士ドットコム)

となっています。

 

顧問税理士の費用

しかし専門家の意見・サポートを受けるとなると、どのくらいの費用がかかるか気になりますね。

 

あくまで一つの目安ですが、顧問税理士の場合は年間20万円ほどで依頼することができます。

参考 税理士の顧問料

 

またコジサポ@LINEでは対面でのサービスはありませんが、年間4万円ほどとお手頃です。

参考 料金のご案内

 

FX会社に勤務先を伝えることは…

ここまでは税金面を中心に解説しましたが、口座開設時にバレないかも心配ですよね?

 

特に2016年からはマイナンバーの提出がFX会社でも義務づけられていますので、いつ・どこで個人情報が流出しているのか気になるところです。

 

[関連記事]国内・海外で比較。なぜマイナンバーが必要なのか

 

結論から言うとFX会社でおこなう手続きに関して、勤務先に情報が流れることは(個人にあてた連絡を無視しない限り)ありません。

 

また、確定申告時に勤務先の情報を記載する際も同様です。

なぜなら個人情報を勤務先に流すことは人権侵害に当たるからです。

 

もし詳しく知りたい場合は、上記で紹介した税理士ドットコムやコジサポ@LINEを活用していきましょう。

 

まとめ

2016年の働き方改革発足により、巷では副業を推進する動きが出ています。

しかし現状の解禁率はいまだ2割程度です。

参考 兼業・副業に対する企業の意識調査

 

したがって副業を公にすることは、引き続き自粛することが無難ですね。

 

しかし最も大切なことは、実は

  • 資金管理
  • メンタル管理

にあります。

 

なぜなら上記2つが万全でないと本業に支障が出るからです。

 

解決のヒントは本サイト記事でご用意していますので、あわせて目を通していただけると幸いです。

 

お金に苦労しない豊かな生活のために、一緒に頑張っていきましょう。

元気に発信中♪

 

-トレード
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© FX経営サロン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.