FX口座を選ぶ際の注意点

極端にちがうSBIFXトレードとSBI証券。5つ全て答えられますか

更新日:

口座選びで[SBI]と検索すると、

  • SBI FXトレード
  • SBI証券

の2つがヒットします。

 

実は2社とも、[SBIホールディングス傘下]の系列会社なのです。

【公式サイト】SBIグループ企業一覧SBIホールディングス

 

しかし提供するサービスが異なるため、別会社として比較する必要があります

 

そこで①取扱商品・②取引数量・③スプレッド・④通貨ペア・⑤独自のサービスの5つに分類し、その違いをご紹介していきます。

 

結論からいうと、

  • FXだけをする:SBI FXトレード
  • FX・株式・金など複数に投資をする:SBI証券

です。

 

それぞれにメリット・デメリットがありますので、ぜひ注目してみてくださいね。

 

①SBIの取扱商品

まず前提として[SBIFXトレードはFX専業会社][SBI証券は総合会社]という違いがあります。

 

ですので、取扱商品の数もまったく異なります。

商品数 商品例
SBIFXトレード 1 FXのみ
SBI証券 11 FX、株式、債券、金など

参考 SBIFXトレードSBI証券

 

具体的には[SBIFXトレード]は、FXのみに集中することで取引コストを可能な限り抑えています。

一方でSBI証券]、複数の投資商品を組み合わせたサービスを得意としています。

 

そしてこれから比較していく内容は[専業会社か総合会社か]であることが、その違いの原因を生んでいます。

詳しくみていきましょう。

 

②SBIの取引数量

すでにご存知かもしれませんが[SBIFXトレード]は1単位から取引ができる、国内唯一の会社です。

しかも通貨ペアに関わらず対象となっています。

【公式サイト】FXの強みSBIFXトレード

 

一方で[SBI証券]は通常取引が1万通貨単位となっています。

 

ただし特別に、1,000通貨から取引可能な[ミニ取引]が用意してあります。

これは6通貨ペアのみの取り扱いで、通常取引とは別商品です。

 

どういうことかと言うと、ミニ取引で10単位の購入をしても[通常取引]の扱いに切り替わることはありません。

ナオミ
1,000通貨(ミニ取引)×10単位=10,000通貨 という意味です。

 

特にミニ取引の[スワップポイント]は、通常取引よりも見劣りします。

ですので、SBI証券で少額投資をする際は気をつけなければなりません。

 

[1万通貨あたり]で比較してみました。

ユーロ円のみ売り取引、それ以外は買い取引のスワップポイントです。

通常取引 ミニ取引
米ドル円 61円 60円
ユーロ円 4円 0円
ポンド円 30円 30円
豪ドル円 37円 30円
NZドル円 32円 30円
南アフリカランド円 110円 110円

参考 スワップ金利表SBI証券

 

以上のことから、取引単位を重視する場合は[SBIFXトレード]が優れています

 

スワップポイントの面でも[SBI証券の通常取引]と同じ水準ですので、なおさらSBIFXトレードで決まりですね。

【公式サイト】業界最良水準のスワップポイントSBIFXトレード

 

③SBIのスプレッド

また取引コストに相当する[スプレッド]も、両社で違いがあります。

 

「スプレッドって何?」という方は、こちらの記事がおすすめです。

【関連記事】米ドル円0.3銭は当たり前、スプレッドと合わせてチェックするものとは

 

一般的に、コスト面では専業会社が有利となっています。

なぜなら取扱商品の数が少ないぶん、管理コストがかからないからです。

 

ですので、SBI証券とSBIFXトレードの比較でも後者がお得です。

特に米ドル円は0.27銭で、国内FXの平均水準を下回っています。

 

SBIFXトレード SBI証券
米ドル円 0.27銭 0.5銭
ユーロ円 0.39銭 1.4銭
ポンド円 0.89銭 2.2銭
豪ドル円 0.59銭 1.4銭
NZドル円 0.99銭 2.8銭
ユーロドル 0.48pips 0.8pips

【参考】

 

一方で[SBI証券]は上の表からも、割高であることが分かります。

総合会社なので仕方がないですね。

 

しかし冒頭でも触れましたが、[SBI証券]は投資商品全体でのサービスに力を入れています。

例えば[株券担保サービス]は、株式を扱っている会社ならではのサービスです。

【公式サイト】FX株券担保サービスSBI証券

 

ただFXのみピックアップすると、やはり[SBIFXトレード]が魅力的ですね。

 

④SBIの通貨ペア

さらに通貨ペア数も[SBIFXトレード]に軍配があがります。

SBIFXトレード 26通貨ペア
SBI証券 20通貨ペア

【参考】

 

[SBIFXトレード]は専業FXの強みを活かした通貨ペアが充実しています。

具体的には[クロス円以外]の通貨ペアが揃っており、EUR/CHF、GBP/CHF、AUD/NZDなどがあります。

 

一方で[SBI証券]は[クロス円]が充実しています。

特にシンガポールドル円、メキシコペソ円、ノルウェークローネ円は[SBIFXトレード]では取り扱いがありません。

 

結局どちらが良いのか、決めるのが難しいですね。

しかし特にこだわりがなければ、1通貨から取引ができる[SBIFXトレード]で複数の通貨を購入してみることがおすすめです。

 

[元手資金10万円]もあれば1度に5つの通貨ペアを購入することも可能です。

実際に取引をすることでその通貨の[クセ]を意識するようになりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

⑤SBIの独自サービス

ここまで[SBIFXトレード]と[SBI証券]のちがいを4つご紹介しました。

冒頭で「別会社として比較する必要がある」といった意味もお分かりいただけたと思います。

 

そして極めつけは、資産運用に役立つ[独自サービス]の違いにあります。

 

[SBIFXトレード]では[AIチャット]と言うものがあり、FXに関する疑問にAI(人工知能)が答えてくれます。

 

2018年9月現在、私も質問してみました。

SBIFXトレード AIチャット

参考 AIチャットSBIFXトレード

 

リリース当初の2017年4月にもやってみたのですが、以前より的確な答えをしてくれますね。

やはり[AI]は自ら学習する能力があるので、精度がどんどん上がっています!

 

[口座開設なし]でも利用できるので、ぜひ試してみてくださいね。

【公式サイト】 AIチャットSBIFXトレード

 

一方[SBI証券]は先ほども触れましたが、FXの証拠金株券で代用できる[株券担保サービス]があります。

 

リスクが高くなるので上級者向けになりますが、興味のある方はこちらをご覧ください。

[関連記事]【株券担保サービス】魅力の裏にはワナがある、落とし穴3つ

 

極端にちがう SBI2社のまとめ

系列会社でも極端に特徴がちがう[SBIFXトレード]と[SBI証券]

 

やはり有利なのは、1通貨から取引可能+格安スプレッドの[SBIFXトレード]です。

私も口座開設をして10万円からスタートしました

 

2018年9月現在は、40万円にまで増額して運用中です。

SBIFXトレード

参考 SBIFXトレード

 

ぜひあなたも検討してみてくださいね。

【SBIFXトレードに口座開設をする】

ツイッターのタイムライン

広告依頼

広告依頼 FXだけで田舎で暮そう

-FX口座を選ぶ際の注意点
-,

Copyright© FXだけで田舎で暮らそう , 2018 All Rights Reserved.