仮想通貨

[リップル]速い・安いを実現、ほかと異なる特殊な仮想通貨。

更新日:

はじめに

他の仮想通貨とは少し毛色が違うため興味をもちました。

ここでは米国のRipple(リップル)社が発行しているXRP(エックス・アール・ピー)について紹介します。

 

2018年2月現在の価格は以下の通り。まうごつ安い(熊本弁)

 

参考 XRP/JPY

 

それではいきましょう。

 

リップルの概要

まずはXRPを発行しているRipple(リップル)社についてです。

この会社が設立された一番の目的は、銀行が提供する決済・送金システムに革命をもたらすためです。

 

とくに国際送金にかんしては現状、2,000~4,000円の手数料が発生しています。

[関連記事]入出金を[Sony Bank Wallet]に決めた理由と出金時の裏ワザ

 

それをRipple社はILP(インターレジャープロトコル)という独自開発したシステムを利用して、資金移動を速く・安くできることを目指しているのです(後述参照)

 

ナオミ

Rippleとはあくまで会社名です。

仮想通貨取引するさいはXRPというRipple社が発行したものを購入します。

混同しないよう注意してくださいね。

 

それでは次に、Ripple社が取り組む2つの革命について見ていきましょう。

 

リップル革命①~銀行~

一つ目は概要でも触れましたが、銀行間の資金移動を速く・安くすることです。

 

まず銀行送金における課題には以下の4つがあります。

  • SLOW(遅い):3~5日で着金
  • EXPENSIVE(高コスト):毎年160兆円のコスト
  • UNACCEPTABLE(要改善):現行の送金の遅さに顧客からの要望が強い
  • UNRELIABLE(失敗):送金に失敗する場合がある

参考:Today's Payment Rails 公式HP(google翻訳を使用)

 

そしてなぜ上記の4つ課題が改善されないのでしょうか?

あくまで個人的な考えですが、銀行とは資金移動以外にも金融に関するあらゆるサービスを提供しています。

 

したがって多くの作業を抱えているため、改善対応に時間がかかってしまうのです。

 

それを証明するかのように現行の銀行では、国際送金のさい以下のように複数の銀行を経由しています。

参考 リップルとは

 

これをRipple社のプロトコル(規格)を利用すると、

  • 米ドル→XRP→日本円

と一つのネットワークを経由するだけで完結できるのです(詳しくはXRPの項で解説)

 

リップル革命②~決済手段~

2つ目の革命は、

  • 法定通貨(米ドル、日本円など)
  • 仮想通貨(BTC,ETHなど)
  • クレジットカード(JCB,VISAなど)
  • 電子マネー(paypal,Edyなど)

といった規格の異なる資金移動をスムーズにできるようにすることです。

 

具体的にはILP(インターレジャープロトコル)という独自開発のしたネットワークをつかって、異なる規格を標準化をすることを目指しています。

 

つまり今後は、

  • BTC→XRP→日本円
  • クレジットカード→XRP→米ドル

といった決済も、現金支払いとかわらない感覚でおこなうことが期待されます。

 

XRPの必要性:他通貨と比較

ここまでRipple社について解説しましたが、あくまで会社が取り組んでいる内容であることに注意しなければなりません。

つまりRippleが発行している仮想通貨XRPの本題はここからになります。

 

極端なことを言えば、XRPを使用しなくてもRippleのプロトコルを利用することはできます。

 

しかしXRPを使用することで他通貨よりも、

  1. より速く
  2. より安く

が実現できるのです。

 

①はXRPを使用することで、

  • BTC、ETHの約95分の1

の時間で着金することができます。

 

下の動画はXRPのスピードを可視化したもので、その速さは一目瞭然です。

 

②は一例として、本サイトで推奨するBinanceへの送金手数料を比較します。

参考 Binanceへの送金手数料

 

このようにXRPの低コストが顕著なのは、やはり発行元のRippleによる独自通貨であることが要因です。

 

さらにSBIホールディングスでは、XRPを使用することで60%のコスト削減につながると発表しています。

参考 FIN/SUM WEEK2017

 

つまりRippleのプロトコルだけでなく、その仮想通貨XRPにも期待できる要素は十分にあるのです。

それでは最後に価格予測をしていきましょう。

 

XRPの価格予測

上記でも触れたようにRipple社のプロトコルはXRPを使用しなくても利用可能なため過小評価されている印象です。

 

しかし現状、送金・決済機能の改善が急務であることからRippleの必要性とともにXRPの価値上昇も間違いないでしょう。

 

現にBINANCEへの送金手数料はBTC、ETHの約55分の1と格安なのですから。

つまり爆上げするほどの期待は限定的ですが、今後の技術革新に順応していくためにはXRPの存在が不可欠となります。

 

少なくとも2018年2月現在の100円は安すぎると個人的には評価しますので、これを機会にぜひ購入検討をしてみてはいかがでしょうか?

 

ナオミ

日本円でXRPを購入できる取引所は限られています。

その中でも初心者の方におすすめなのが[GMOコイン]です。

操作のしやすさで定評があるんですよ。

●GMOコインに口座開設する◆

 

まとめ

Ripple(リップル)社は資金移動に特化した会社です。

そのため、

  • 銀行手数料の削減
  • 仮想通貨・法定通貨・クレカ・電子マネーの垣根を越えた決済機能
  • 資金移動のスピードの高さ

に優れています。

 

現にRipple社では価値のインターネット ( Internet of Value = IoV )を実現すると公式HPで発表しています。

 

その際に優位性をもつXRPはIoVの実現とともに、法定通貨と仮想通貨の垣根を超える夢の通貨として活躍するのです。

ツイッターのタイムライン

-仮想通貨
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© FXだけで田舎で暮らそう , 2018 All Rights Reserved.