FX経営サロン

【年利10%】でお金を増やすための方法(情報)を発信しています。

本気の雑学

国内・海外で比較。なぜマイナンバーが必要なのか

投稿日:

はじめに

前回の 【動画あり(音声なし)】口座開設方法―不安点を中心に においてはマイナンバーの提出が義務付けられていることを解説しました。

しかし一体どのようなもので、なぜ提出しなければならないのでしょうか?

 

そこで今回は、

  1. 国内FXで必要な理由
  2. 海外FXで必要な理由
  3. マイナンバーそのものについて

の3つのテーマで考えていきます。

 

①国内FXで必要な理由

少なくともマイナンバーは日本で適用される制度ですので、国内で営業する会社は国の指示に従わなければなりません。

 

後ほど解説しますがマイナンバーが生まれた理由の一つとして、国民の国内所得の把握が挙げられますので雑所得に該当する国内FXも、指示を受ける例外ではないのです。

[関連記事]【税金】海外FXと国内FXの扱われ方の違い&理由

 

具体的には、各会社は顧客(トレーダー)に支払った利益について支払調書という名目で税務署に提出・報告する必要があります。

参考 先物取引に関する支払調書

 

そのさい今後はマイナンバーも添付しなければならないため、私たちが口座開設をする時などに確認書類として提出を求められるのです。

 

国内FXの対応

つまり国内FXでマイナンバーを求められる理由は、施行者であるが必要としている為です。

同時に各会社では国内で営業している以上、国の方針が達成されるように努めなければならない義務があります。

決して各会社が必要としている訳ではありませんので、会社自体にあなたのマイナンバーが知れ渡ることはないのです。

 

このようにマイナンバーは口座開設時に提出が求められますが、2016年1月以前にすでに開設をしている方は2018年末まで猶予があります(会社で若干違いはある)

 

なぜなら国が3年間(2016年1月~2018年末)の猶予期間を設けているからです。

背景としてはFXの口座開設者は何十万人と数が多いため、各会社にかかる負担を分散させるための措置となっています。

 

[関連記事][動画あり]ミセス・ワタナベー世界を揺るがす存在

 

②海外FXで必要な理由

そしてマイナンバーは一歩、国を飛び出すと不要になりますので海外FXで求められることはありません。

 

当サイトでお勧めしているXMでも確認書類として、

  • 運転免許証
  • 公共料金に記載されている住所(※)

となっています。

参考 よくある質問

 

つまり海外FXそのもののでマイナンバーが必要になることはありません。

それではどんな時に必要になってくるのでしょうか?

以下で詳しく見ていきましょう。

 

(※)国内FXのようにID・パスワードが簡易書留で郵送されないため

 

マイナンバーが必要なタイミングー海外FX

海外FXでマイナンバーが必要になってくるのは、利益を出金する時つまり海外送金をするときです。

FX側では不要なのですが銀行側で必要となります。

理由は国内FXの場合と同じです。

 

ちなみに当サイトで推奨しているソニー銀行では以下の案内がされています。

 

参考 外貨送金の手続き

 

ここで注意書き(※部分)をみると、日本国内の銀行本支店の場合にはマイナンバーが不要と記載されていますね。

気になったので、XMの送金元がどこなのかを問い合わせてみました。

 

[関連記事]入出金を[Sony Bank Wallet]に決めた理由と出金時の裏ワザ

 

XMの送金元

残念ながら利益分の出金に関しては国内で引き出す以上、マイナンバーが必要になります。

 

確かに、

  • クレジットカード
  • ビットコイン

といった出金手段もありますが、あくまで入金額に対しての出金のみで利益分については海外送金がまだまだ主流です。

 

つまり国内・海外に関わらず、最終的にはマイナンバーの提示が必要なのです。

[関連記事]【海外FX】ビットコイン入出金の課題3つー検討中のあなたへ,

 

③マイナンバーそのものについて

そもそも2016年1月に施行されたマイナンバーとは、どういうものなのでしょうか?

 

冒頭でも若干触れましたが施行された目的には、

  • 国民の国内所得の把握
  • 行政の効率化
  • 国民の利便性向上

の3つがあります(FXでは①がとくに重要)

 

※注意※ マイナンバーに関するものであってFXに関する動画ではありません。

 

一生変わることのない12ケタの番号ですので、必要な時以外にはゼッタイに公表しないように注意しなければなりません。

 

例えば海外FXではマイナンバーが不要ですので提出を求められた場合は、なぜ必要なのかをしっかりと確認しなければ悪徳業者の被害にあう可能性が高くなります。

 

まとめ

マイナンバーはFXをする以上、国内・海外に関わらず必要となります。

一人ひとりの納税額がより明瞭になりますので、今後は池辺雪子さんのような脱税行為はできないことになります。

 

また12ケタの番号は一生変わることがなく、個人番号カードに至っては運転免許証と同様の効力を持っています。

提出を義務づけられた際は、なぜ必要なのかを(今回のように)しかっリと把握し、安易に公表しないように注意をしましょう。







-本気の雑学
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© FX経営サロン , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.