2017年以降、国内FXでも取引を開始しているメキシコペソ。

2018年8月現在は5.86円でリーマンショック以降、ペソ安円高が続いています。

 

結論から言うとメキシコは信用格付けBBB+と、南アフリカランドやトルコリラに比べて高評価です。

【公式サイト】メキシコの格付け見通し、「安定的」に引き上げ-S&PBloomberg

 

[st-kaiwa3]Bの数が多いほど、そしてマイナスよりもプラスのほうが格付けが上です。[/st-kaiwa3]

これは国として安定的で発行通貨のペソが、スワップ運用に適していることを意味します。

 

ここではメキシコペソに関する基礎知識を紹介し、安心して購入するためのアドバイスをしていきます。

 

メキシコペソの政策金利


まずは、ほかの高金利通貨の政策金利・為替レートと比較してみましょう。





















メキシコペソ 南アフリカランド トルコリラ
政策金利 7.75% 6.50% 17.75%
為替レート 5.83円 7.65円 18.16円

参考 各国政策金利マーケット情報マネーパートナーズ


 

少なくともトルコリラよりは長期保有に適した通貨です。

なぜならリラはジャンク債に相当する、B+であるためです。

【公式サイト】トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」にロイター

 

そう考えるとランドとの2択になりますが、低コスト高リターンで資金効率が良いのはペソですね。

取扱っている国内FXはまだ少数ですが、南アフリカランドに代わる通貨として要チェックです。

 

【関連記事】

 

メキシコってどんな国



参考 Designed by Freepik


 

正式名称メキシコ合衆国は、暑い地域で陽気なイメージがありますね。

人口は日本とほぼ同じ1億2920万人ですが、国土面積は約5倍の196万平方キロメートルあります。

また日常言語はスペイン語、国民の約9割がカトッリク信者です。

 

主な産物は銀・鉛と言った天然資源で、それぞれ世界1位・5位の生産量を誇ります。

[st-kaiwa3]アボガドの原産地でもあります。[/st-kaiwa3]

 

さらに1994年にはアメリカ・カナダとともに北米自由貿易協定-NAFTAを締結しています。

その影響もあって輸入の46%、輸出の81%がアメリカで占め、メキシコの経済基盤を支えているのです。

【公式サイト】メキシコ合衆国外務省


 

メキシコペソの見通し


上記のことからペソの変動は、アメリカとの関係に左右します。

しかし2017年1月にドナルド・トランプ氏が米国大統領になってからは、2国間の関係は決して良好とはいえません。

 

そのためペソの価格も長期的に下落が続いているのです。

 

具体的には、トランプ氏はアメリカ・ファーストを掲げているため、メキシコからの輸入を制限する姿勢をとっています。

輸出の8割をアメリカで占めているメキシコにとっては、大きな痛手ですよね。

 

しかし見方を変えればアメリカの政権が交代すれば、ペソ高に進む可能性があります。

最低で4年・最高では8年の就任になるのですが、今のうちに買っておくことで割安水準でのスワップ運用が期待できるのです。

 

メキシコペソの為替変動要因


個人的にはアメリカとの関係が良好であれば、技術開発の輸入→国力の向上→ペソ高につながると考えています。

しかしメキシコは1938年に石油産業が国有化していることから、原油価格がペソに影響を与えます

 

そして残念なことに日足のWTI原油先物では、1バレル68.11ドルと下落水準にあります。

【公式サイト】原油(WTI原油先物)楽天証券

 

しかしこれはメキシコに限らず、新興国通貨の多くが直面する変動要因です。

短期では大きな影響を与えますが、長期では重視する必要はないと個人的には考えます。

 

メキシコペソのリスク


そして国内での問題として、政府と麻薬組織による抗争があります。

メキシコは隣国にアメリカという大きなマーケットがあるため、麻薬売買で富を得やすい立地環境です。

 

ですので、需要があるために負の経済も働きやすいのです。

抗争による死者は年々増えており、2016年には2.3万人と世界2番目の犠牲者数となっています。

【公式サイト】武力紛争で2.3万人死亡、世界2番目の犠牲者数 メキシコCNN.co.jp

 

こういった負の経済による理由からペソの政策金利は高い傾向にあります。

しかし一方で金利が縮小してくれば、今度は為替の値上がりが期待できるのです。

 

メキシコペソ/円を扱うFX会社


アメリカとの関係次第で価格上昇が期待できるメキソコペソ

購入におすすめするFX会社は[マネーパートナーズ]の[パートナーズFX nano]です。















最低取引単位 100通貨
スワップポイント 14円
スプレッド 1.0銭

参考 パートナーズFX nano 取引要綱マネーパートナーズ


 

取引コストに相当するスプレッドは0.5銭の会社もあるので割高ですが、その分スワップポイントは高水準です。

 

またキャンペーンなどでスワップ強化に意欲的な会社ですので、ペソ購入には打ってつけですよ。

【公式サイト】スワップ杯マネーパートナーズ

 

さらにパートナーズFX nanoでは、スワップポイントのみを出金することが出来ます。

 

ですので、58,000円(=5.8円/通貨×10,000通貨)を元手資金にして保有し続けていれば、毎年5,110円(=14円×365日)を出金することができます。

 

これはかなりお得なことですよ。

 

メキシコペソのまとめ


格付け水準も高く、アメリカが後ろ盾につくメキシコペソ

新興国通貨の中では優良通貨と考えています。

 

また取引はクロス円となりますので、円安に向かうことでペソ高も期待できます。

原油価格の低下・麻薬問題によって一時的な下落はやむを得ませんが、レバレッジ1~2倍に抑えることで対策を打つことができます。

 

1万通貨の購入も約6万円と低コスト。

保有しているだけで年利7.75%のインカムゲインが入ってきますので、魅力的ですよね。

【マネーパートナーズ(パートナーズFX nano)に口座開設をする】