FXが取引可能なのは、外国為替市場(がいこくかわせしじょう)と言うマーケットが世界中に存在しているからです。

これは特定の場所を指す[いちば]ではなく、より広く抽象的なものを指す市場になります。

というわけで、為替市場に関する5つの特徴をご説明していきます。
読み終えたころには、自然と[かわせしじょう]と言えるようになりますよ(^^♪


FXの架空マーケット~特徴①~

為替市場とは、円やドルなど異なる通貨単位を交換・売買することです。

株式市場のように特定の建物があるわけではないので、始めは理解しにくいですよね(;^_^A


参考までに、株取引がされている住所はこちら。
  • 東京証券取引所:東京都中央区日本橋
  • 大阪証券取引所:大阪府中央区北浜

繰り返しですが、為替市場とはある枠組みの中に存在する抽象的な概念です。
取引の多くはインターネットだけで完結します。


FX市場の種類~特徴②~

そして抽象的な為替マーケットは、
  • 対顧客市場
  • インターバンク市場
の2つに分類できます。

対顧客市場

個人投資家や企業が、対金融機関とおこなう為替市場です。

特に、企業の中でも
  • 生命保険会社
  • 損害保険会社
は膨大な元手資金を保有しています。


いわゆる、機関投資家と言われる企業・団体のことで、運用で得たお金は将来の保険金支払いに充てています。

というのも、保険会社は私たちが支払う保険料をただ集めているだけではありません!

保険金の支給に備えて、集めたお金は為替や株式に換えて運用しています。
つまり、資産を大きくするために、ただ現金を蓄えているだけではないのです。


インターバンク市場

金融機関同士でおこなう為替市場をインターバンク市場と言います。
価格決定という重要な役割を果たしています。

 2019年現在は人工知能AIの普及にともない、電子ブローキングでの取引が注目を集めています。

これはヒトに代わってコンピュータが売買するもので、感情に左右しないトレードが実現できます。

 ケアレスミスも少ないことが期待され、取引比重の高さに比例して欠かせない存在となっています。

FX以外の役割~特徴③~

このように為替市場は、各国通貨の価格を決める重要な役割があります。
しかし、FX以外に影響を与えるのもまた事実です。

例えば、
  • 海外旅行
  • 輸出入
  • 外貨預金・外国株式の購入
など、国内から一歩外に出れば必ず為替を利用します。


そのため、為替市場に占めるFXの割合はわずかに過ぎません


このように、FX以外の取引が為替に影響を与えていることを知っているだけでも、トレード実績が激変します。
ぜひ覚えておいてくださいね(^^♪


【FXをするのにおすすめの会社】

以上のことから、一口に為替市場といっても、すべての人がFXを目的にしているわけではないのです。

あらゆる目的を持つ人と共有した市場、それが為替市場です。


FXは24時間取引可能~特徴④~

話をFXに戻すと、対顧客市場・インターバンク市場ともに円滑・広範囲に取引がおこなわれています。

世界各国に為替市場が存在しているのですが、その一因はインターネットの普及にあります。
つまり、地球全体がFX取引の舞台なのです


そんなFXですが、24時間いつでも取引可能となっています。
正確には土日祝を除くAM6:00~翌日AM5:00で、ほぼ終日トレードができます。

これだけの充実した環境があるのには、為替市場が世界中にあり、インターネットを介して繋がっているからです。

特に、
  • 東京
  • ヨーロッパ
  • ニューヨーク
は、世界三大為替市場と言われています。

それぞれの日中に当たる時間帯は、FX売買が活発です。


とはいえ、繰り返しになりますが株式市場のような取引所は各国に存在しません。
あくまで活発な時間帯という意味になりますので、お間違いないように(^^♪


というのも、
「昨日のニューヨーク為替市場の円相場は…」
といった経済ニュースを耳にすることがありますよね?

実は、ニューヨーク為替市場がアメリカのどこかにあるわけではないのでです!

これまで、
「ニューヨーク為替市場はどこにあるのだろう?」
と思っていた、そこのあなた。

その考えが間違っていたことに、今回の記事でお気づきになったことでしょう。


FX取引に適した時間~特徴⑤~

ところが、FXはただ好きな時間に取引をしても利益にはなりません。

24時間取引可能とは言っても、1日の中で適した時間・通貨ペアを把握しておく必要があります


結論からいうと、各国の日中の時間帯にその国の通貨で取引するのが最適です。
為替市場の特徴5つ。[架空マーケット]の世界へようこそ
出所:FX@外為比較ランキング


特徴としては、ニュージーランド・オーストラリアなどのオセアニア市場から始まり、アジア市場→ヨーロッパ市場→ニューヨーク市場と移り変わります。

とはいえ、どの時間帯も全通貨ペアおなじ値動きをするわけではありません!


例えば米ドル円であれば、
  • アジア市場
  • ニューヨーク市場
に活発な値動きをします。

日本人の9割以上が利用するこの米ドル円は、アメリカと日本といったその通貨をメインで使う国の日中に取引をしましょう。

反対に、オセアニア市場やヨーロッパ市場など、メインで使う通貨単位が異なる国の日中に取引をしても得られる利益は期待できません。


 FXの基本は安く買って高く売る、もしくは高く売って安く買うことです。
24時間の中でも価格変動が大きい時間帯を狙っていきましょう。

【米ドル円の取引におすすめなFX会社】

為替市場の特徴5つ まとめ

為替市場とは、世界中にある巨大マーケットです。

実際に存在するものではありませんが、対顧客市場・インターバンク市場の2つで活発な取引がされています。

特に、私たちは個人トレーダーは対顧客市場でのみ取引ができます。


また、時間帯によって各通貨ペアの値動きは異なります。
日本・ヨーロッパ・ニューヨークの3大為替市場は、取引が活発で利益が狙いやすい時間帯です。

インターネットの普及により24時間取引が可能になったとはいえ、1日の取引チャンスを逃さないようしましょう。


そのほか、疑問・質問は[お問い合わせ]またはTwitterで受け付けています(^^♪