パンローディング出版のウィザードブック


本書:著者マーセル・リンクが実際に経験した:苦い思い出も随所に盛り込まれてある

共感できる内容がつまった深みのある1冊


KISSしない?

本書P.175→Keep it simple,stupid.(何事もシンプルに!)の略

「第3部 テクニカル分析―第6章トレンドでトレードする」
詳しくは本書を購入してほしい


著者マーセル・リンクの半生

どんな失敗をしてきたのか

本書P.23「私自身について」:個人的に印象に残った言葉「オーバートレード」
損失許容額を超える数量のトレード→「第5部 自己管理」で紹介 

メンタル的なことに焦点が当ててある言葉
→手法のように専門知識は不要→理解しやすかった


高勝率トレードとは

本書P.18「高確率トレーディングとは何か」

本書P.20~21「成功(失敗)する確率の高いトレーダーの特徴」

本書P.180付近:高勝率トレードに役立つテクニカル指標→図解つきで解説


高勝率トレードを確立しよう!

口で言うのは簡単→確立に時間がかかる

手法の向き・不向き
→向いている手法を見つけても→期待値の高い手法とは限らない

仮に高勝率・低リスク・リワード:これからの相場に当てはまるかは未知数
→自己管理が重要

本書:手法の紹介・自己管理・資金管理・トレーダーとしての心がまえなど

著者自身:負けトレーダーから高勝率トレーダーになるまでを振り返る
→重要なノウハウが凝縮


感想『高勝率トレード学のススメ』

本書を通して→デイトレードからスイングトレードへの転身を考える

理由:取引回数を減らす→高勝率トレードの再現性が高くなるから

具体的:トレード→取引するたびに売買手数料・スプレッドが発生

デイトレード1日1トレードvsスイングトレード1ヶ月1トレード
→月10倍以上のコスト差

スイングトレード:月1,000円の売買コスト→デイトレード:月10,000円の売買コスト

元手資金10万円でデイトレード:手法の優位性に関わらず年間12万円の損失

本書:異なる売買回数のトレード→売買コストを含んだ成績・含まない成績
→それぞれ比較→えげつない(笑)

売買コスト:いかに高勝率トレードの阻害要因なのかが分かる


私のトレード結果を振り返る

取引手数料が高いと最近感じる

フリーランスの仕事が増えてきた:トレードに費やせる時間が減ってきた

1トレードの獲得pips:スイングトレードは保有期間が長い
→デイトレードより大きい

最終的な獲得pippsは両手法とも変わらない→売買コストが小さいスイングトレード◎

スイングトレードの詳細:本書を参考にしながら勉強→別動画で報告予定