どうもナオミです。
先日こんなツイートをしました。


というわけで今回は、JFXがおすすめな人5選を紹介します。

スキャルピングがしたい人―JFXがおすすめな人①






JFXでは国内では珍しく、超短期売買のスキャルピングを公認しています。


一般的に他社は快く思っていません。

というのも、スキャルピングは数秒~数分の間に何十回も取引を繰り返すため、システムサーバーに過度な負荷をかけてしまいます。

エラーが発生する原因となり正常なサービスができないため、スキャル禁止のFX会社が多いのです。


詳しく「YJFX!のスキャルピングは本当に口座凍結しないの?おすすめのFX会社は他にもあるよ。」で紹介しています。


しかしJFXはスキャルOKなうえに、特化した情報を発信しています
特に[未来予測チャート]は過去の値動きをもとに、今後のチャートパターン3種類でお知らせしてくれます。


スキャルピングで重要視されるチャート分析を、全面的にサポートしてくれるので有り難いですね。

また約定率99.9%、約定スピードも平均0.004秒なので、注文通りの約定が期待できます。


低コスト・少額トレードがしたい人―JFXがおすすめな人②

さらに取引手数料に相当するスプレッドも業界最狭水準です。

スキャルピング取引が多い上位3通貨ペアのスプレッドです。


  • 米ドル円:0.3銭
  • ポンド円:1.0銭
  • ユーロドル:0.4pips
    参考:JFX

初めは米ドル円から試してみるのがおすすめです
「0.3銭×約定率×約定スピード」いずれも高水準で、3拍子揃っています。


最小取引単位も1,000通貨からで、米ドル円は約4,000円の元手資金でOKです。
しかもスキャルピングの場合、すぐに約定するので証拠金額ギリギリで始めることができます。


MT4など高機能ツールを使いたい人―JFXがおすすめな人③

スキャルピングで重要とされるのがチャート分析。
それに欠かせないのが[MT4(Meta Trader4)]です。


JFXはトレード分析にMT4が使えるだけでなく、50種類以上の指標が標準装備してあります。


始めは移動平均線(Marginal Average)を使うのが一般的ですが、勝率を上げるためには将来的に複数の指標を組合せることになります。


そのときにカスタムできる種類が多いと何かと便利です。
相場状況に合わせて臨機応変に対応できますからね。


さらにJFX自身もオリジナルチャート[Matrixチャート]を用意しており、スキャルピングに特化しています。


スマホアプリのカスタマイズ性も優れているので、外出先でもトレードチャンスを逃しません。

これら全てが無料で利用できるので驚きです(^^♪

成功者のアドバイスを無料で受けたい人―JFXがおすすめな人④

JFXの魅力はチャート分析だけにとどまりません。


創業者の小林芳彦社長は元インターバンクトレーダー、つまり相場師だった人です

現在も実際にトレードをされていらっしゃっていて、会員限定向けに情報発信をされています。

  • マーケット速報
  • モーニングショット
  • イブニングショット
  • 芳彦の部屋
参考:JFX



またTwitter(@JFXkobayashi)もされていて、トレードに負けた時のつぶやきはなかなか面白いです(^^♪

このようにJFXは社長がユーモアがある人なので、好感が持てる会社となっています。


おいしい食べ物や現金を受け取りたい人―JFXがおすすめな人⑤

親会社のヒロセ通商と同様に、JFXもおいしい食べ物や現金を取引量に応じてもらえます。


特に食べ物は月替わりとなっています。

うどん、カレー、ハンバーグ、ラーメン、ぎょうざなど食卓を彩ってくれるものばかりです。


また、プレゼント対象となる通貨ペアは食べ物・現金ともに「全通貨ペア」です。
マイナー通貨に限定しているFX会社が多い中、高還元率です。


スキャルピングは短時間で頻繁に売買を繰り返すのが基本です。

JFXのプレゼント目当てに極めてくのもアリですね。
私も密かに狙っています(^^♪


スキャルピング手法については「スキャルピングって何?その手法を解説するよ」で詳しく紹介しています。

JFXの評判とおすすめな人5選―まとめ

まとめるとこのようになります。
  1. スキャルピングがしたい人
  2. 低コスト・少額トレードがしたい人
  3. MT4など高機能ツールを使いたい人
  4. 成功者のアドバイスを無料で受けたい人
  5. おいしい食べ物や現金を受け取りたい人

一番はやはりスキャルピングです。

国内FXでできるところは限られているので、そういった意味では[JFX]一択と言えます。


まずは「スキャルOK」であることを公式サイトで確認してみてください(^^♪