FX経営サロン

~お金好きが書く、お金好きのためのサイト~

仮想通貨

仮想通貨の取引所一覧と特徴

投稿日:

現在日本で仮想通貨を持っている人たちの大半は、取引所で購入していると思います。

年々その取引所は数を増やし、今では非常に多くの取引所が存在しています。

どの取引所を利用すれば良いか分かるように、それぞれの取引所ではどういう特徴や違いがあるのかをご説明します。

取引所一覧

1.bitFlyer(ビットフライヤー)

2.coincheck(コインチェック)

3.Zaif(ザイフ)

4.bitbank(ビットバンク)

5.BITPOINT(ビットポイント)

6.SBIバーチャルカレンシーズ

7.BTCBOX

8.GMOコイン(旧:Z.comコイン byGMO)

9.QUOINEX(コインエクスチェンジ)

10.Kraken(クラーケン)

11.みんなのビットコイン(bitcoin)

12.FISCO(フィスコ)

13.  BitTrade(ビットトレード)

14.  FIREX(ファイヤーエックス)

15.  Lemuria(レムリア)

16.  BMEX

17.  Bitgate

18. Xtheta

19.東京ビットコイン取引所 

20. ARG(アルゴ)

それぞれの取引所の特徴

上記の通り、数多くの取引所が存在しますが、優先するものを決めればどの取引所を利用するかは自然と決まってくると思います。

私が選ぶとすれば、下記の3つのどれかです。

1.bitFlyer(ビットフライヤー)

2.coincheck(コインチェック)

3.Zaif(ザイフ)

特に分析に拘りがあったり、レバレッジを効かせた取引をしたいということでなければ、上記3つのどれかで良いと私は個人的に思います。

上記3つの取引所はどれも大手でユーザー数も資本金も多いため、サポートもしっかりとしており、安心して取引ができる印象です。



手数料で選ぶならば、Zaif(ザイフ)がオススメです。

頻繁に取引をするならば、手数料はかなり重要です。塵も積もれば山となるです。

マイナス手数料というものを取り入れており、取引をする度に0.05%手数料を取られるのではなく、手数料をもらえます。

不思議な話ですが、bitFlyer(ビットフライヤー)coincheck(コインチェック)のような大手に勝つための施策なのかもしれません。

ホリエモンが監修した取引所としても有名です。

安心を選ぶのであれば、bitFlyer(ビットフライヤー)です。

セキュリティ対策にも力を入れており、損害保険にも加入しているためもしものことが起こった場合にも最も安心な取引所と言えると思います。

取引数も日本一(世界二位)です。

取り扱っている仮想通貨の多さで選ぶのであればcoincheck(コインチェック)でしょう。

他の取引所に比較しても倍以上のコインが取引できます。

最近ではテレビCMも放送される等どんどん知名度を上げています。

スマホアプリは利用者日本一です。

セキュリティに関しても、bitFlyer(ビットフライヤー)と比べると少し劣りますが、しっかりとしていると思います。

まとめ

諸々説明しましたが、現段階ではビットコインだけの取引しか考えておらず、とにかく安心して取引が行いたい方は、bitFlyer(ビットフライヤー)

様々な仮想通貨のやり取りを安心して簡単に(分かりやすく)行いたい方は、coincheck(コインチェック)

ビットコイン、イーサリアム、ネム、モナコイン等仮想通貨を、頻繁に売買しマイナス手数料で少しでも利益を多くしたい方はZaif(ザイフ)でしょう。

私はとにかく手数料も無料ですし、多くの仮想通貨の取引をしたいのでcoincheck(コインチェック)を利用しています。現在は取引手数料(売買手数料)も無料です。

買いたい仮想通貨によっても変わってくるので、まず自分がどの仮想通貨を買いたいかを調べるのが良いでしょう。

”感謝の気持ち”をお待ちしてます。

 

-仮想通貨
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© FX経営サロン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.