私は過去に100万円以上の大損をしたことがあります。

体験談も書いているのでぜひどうぞ。

 

【関連記事】

 

そして、失敗する人には[共通の特徴]があることが分かりました

ここではその中から[重要な2つ]をご紹介します。

 

過信する人はFXで失敗する


そもそもFXとは、為替レートが[上がる・下がる]を予想して利益を狙っていきます。

一見、50/50のシンプルな決断のように感じますよね。

しかしとても奥が深いのです。

 

と言うのも、実際にトレードをしてみると[根拠のない決断]をする機会がでてきます

具体的には、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を無視した為替予想です。

 

このような過ちに至る理由は、[100%的中する]黄金ルールが存在しないからです

つまりテクニカル分析やファンダメンタルズ分析の[読み]が外れることが往々にしてあります。

そして一方では、直感に頼った予想が当たることもあるのです。

 

そして人間は愚かなことに、不確かなことに対する決断では[労力が少なくて済む]ほうを選びます

つまり直感に頼った予想ばかりをおこなってしまうと、それがいつしか[過信]に変わるのです。

 

これは[勉強をしない生活を送ってきた人]ほど、陥る傾向にあります。

 

損小利大ができない人もFXで失敗する


そして上記の直感に頼った予想は、無意識のうちに[都合の良い為替予想]に変換されてしまいます。

具体的には「為替が上がって欲しい」といった自分勝手な理由だけで、[買い]の決断してしまうのです

 

本来、予想と言うのは相場分析をもとに売買の決断をしなければならないはずです。

にもかかわらず[売買の決断を先にして、その裏づけのために分析をする]逆転現象が発生します。

これでは本末転倒ですよね。

 

さらにエスカレートすると[売買タイミング]まで自作してしまいます

 

人間は本来、勝ちを好み負けを嫌う生き物です。

これが何を意味するのかと言うと[利益はすぐに確定するのに、損失は先延ばし]にするのです。

 

と言うわけで利益は大きく、損失は少なくしなければならない[FXルール]が成立しなくなります。

 

[まとめ]FXで失敗する人の共通点


以上をまとめると、[自分を過信する人は、損小利大ができず]FXで失敗します

しかし諦めるのはまだ早いです。

 

[システムトレード]を活用することで失敗を克服することができます

私が愛用しているのは、外為オンラインの[iサイクル注文]です。

 

詳しい記事も用意していますので、ぜひ検討してみてくださいね。

 

【関連記事】

 

あなたのお役に立てると幸いです。