FX経営サロン

【年利10%】でお金を増やすための知識や、仮想通貨についての情報を発信しています。

FX口座を選ぶ際の注意点 国内FX

国内FXでMT4。さらに自動売買ができる3社を紹介

投稿日:

はじめに

投資判断に欠かせない手法の一つにテクニカル分析がありますが、プラットフォーム(※1によっては使用できるインジケーター(※2の数に差があります。

 

[関連記事]テクニカル分析はメンタル分析ー価格は感情で動く

 

そのなかでもMT4は、搭載できるインジケーター数が豊富であるため、テクニカル分析の必須ツールと位置づけられています。

 

海外FXでの利用が主流になっているMT4ですが(後述参照)、ここでは

  • 国内FXで使用するメリット

について解説します。

 

そして最後には、オススメの3社として

  • FXTF(FXトレード・フィナンシャル)
  • 外為ファイネスト
  • OANDA JAPAN

を紹介します。

 

(※1売買ルールを、決めた通りに動作させる取引システムこと

(※2MACD・RSI・一目均衡表といったテクニカル指標のこと

 

MT4のメリット

まずMT4そのもののメリットに、自動売買を搭載できることがあげられます。

 

具体的には組み合わせたインジケーターで、売買シグナルが発生すると、自動的に(MT4画面で)執行・約定をおこなうように設定ができるのです。

 

またインジケーターの組み合わせ方は、独学だけなく

  • 開発者
  • ほかのユーザー

が公開している自動売買ソフト(EA) を利用することも可能です。

 

このようにMT4は高度な、

  • 分析機能
  • 売買機能

無料(もしくは少額費用)で手にすることができるのです。

 

国内FXでのメリット

そして実際にMT4で売買するさいは、

  • 国内FX
  • 海外FX

のどちらで行なうかを選択しなければなりません。

 

注目点としては、

  • スプレッド
  • 税金
  • 信託保全
  • 出金

があげられますが、人によって優劣が異なるため、最終的にはあなた自身で答えを導かなければなりません。

 

ただここでは、

  • 国内FXでMT4を利用すること

を前提に解説をしていますので、海外FXよりも上記4つの注目点が優れていると仮定しています。

 

[関連記事]

 

口座選びのポイント

そして国内FXでMT4を検討するさいは、先ほど触れた自動売買ができるかに注目しましょう。

 

なぜ自動売買なのかというと、仮に通常売買しかできない場合、

  • MT4のソフト(アプリ)のみをダウンロードして、売買は別のプラットフォームでおこなう

もしくは、

  • 国内FXがあらかじめ用意しているプラットフォームで、分析・売買を完結する

ことで対応できるからです。

 

つまり、MT4は自動売買ができてこそ国内FXでおこなう意味がありますし、その国内FXが独自に開発したプラットフォームよりも優れたものと位置づけられるのです。

 

そこで以下では、

  • MT4で自動売買ができる国内FX

を3社ご紹介します。

 

自動売買ができる3社 

あらかじめ断っておきますが、国内では独自開発のプラットフォームが充実しているため、MT4を提供する会社は限られています。

 

そんな中、

は、MT4で自動売買ができる国内FXとなっています。

 

もちろん先ほど述べた4つの注目点も、通常の国内トレードと同じ待遇となっています。
ちなみに、スプレッドにかんしては以下の通りです(※)

 

会社 USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY NZD/JPY EUR/USD
FXFT 0.8 (0.3) 1.4 (0.6) 2.4 (0.9) 2.0 3.0 1.4 (0.8)
外為ファイネスト 0.3~0.9 0.4~1.4 0.7~2.4 0.4~1.3 0.8~1.9 0.4~0.8
OANDA JAPAN 0.3~0.4 0.4~0.6 0.8~1.0 0.7~0.8 取扱いなし  0.4~0.5

各公式HPをもとに独自に作成

 

(※)

  • FXFT:( )は、11/30までのキャンペーン
  • 外為ファイネスト:MT4 ZEROで比較
  • OANDA JAPAN FX:東京サーバー500Kで比較

 

国内でMT4が普及しない理由

ここまで何回か触れてきましたが、国内FXは各会社が独自に開発したプラットフォームが充実しているため、MT4が普及していません。

 

つまり国内FXは、独自のプラットフォームに開発費の多くを投じており、これは世界的にも珍しいことです。

なぜこのような状況になっているのかと言うと、サービス提供をする顧客の大半が個人投資家だからです。

 

一般的に個人投資家は投資経験が少ないので、いきないりMT4を使いこなすには難易度が高すぎます。

そのため国内FXは、あらかじめ主要なインジケーターを搭載した独自のサービスをおこなっているのです。

 

一方、米国やヨーロッパ諸国では、個人投資家のFX利用率は低いのでプラットフォームの開発には力を入れず、MT4が主流となっています。

 

このように対象とする顧客の投資経験の違いが、MT4の普及にも違いを生んでいるのです。

 

[関連記事]

 

まとめ

今回は、FX経験者であれば一度は興味を持つ、MT4での自動売買について解説しました。

海外での利用が主流になっていますが、国内でも(数は少ないですが)提供されています。

 

国内で利用するメリットは、スプレッドが狭いうえにお金の出し入れがしやすいことです。

 

インジケーターについては海外・国内問わず同じものを使用できますので、

  • 費用を抑える
  • 資金を預ける

といった意味で、国内FXが優れているのです。







-FX口座を選ぶ際の注意点, 国内FX
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© FX経営サロン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.