おすすめ:トレードで安定収益を出したい方
→長期的にプラスになるための手法を知りたい方

今回:実際のトレード画面:正しい勝ち・間違った勝ちを比較
→正しく勝つことの重要性を紹介


比較「正しい勝ち・間違った勝ち」

ポンドドルの日足 ローソク足


2021年2月15日(月)~3月1日(月)
→約2週間に渡って取引したチャート画面:ポンドドルの日足、新規買いで注文

正しい勝ち:黄色の枠部分→約81pipsの利益確定

間違った勝ち:青色の枠部分→利益確定をする3日前:約296pipsの含み益


疑問「利益額が大きい勝ちが間違い!?」

利益額が大きい→その分、元手資金も増える
→なぜ、pips数ー利益額ーが大きい勝ちが間違っているのか?

1回の取引だけで正しい勝ち・間違っている勝ちを判断→要注意

長期的に利益を生み出す勝ち方なのか?→以下のように区別
  • 正しい勝ち:長期的に利益を生み出す手法
  • 間違った勝ち:長期的には利益を生み出しにくい手法

長期的に利益を生み出す手法

先ほどのチャート画面:あるルールに基づいて取引をしている
→厳密:手法の検証途中にある取引
ポンドドルの日足 ローソク足

あるルール:決済のタイミング→平均足で決める
ポンドドルの日足 平均足

通貨ペア・時間足・日時すべて:先ほどのチャート画面と同じ
→ローソク足を平均足に変えただけ

決済ルール:新規買いの場合→平均足が2回連続して陰線を形成した段階

正しい勝ち:黄色枠→陰線が2本確定
→上昇トレンドが終わったと判断して決済

間違った勝ち:青枠の段階→まだ陰線が出ていない
→上昇トレンドが継続中と判断→保有

平均足とは

通常のローソク足よりトレンドの流れを把握するのに便利

始値・終値・高値・安値:4つで構成→通常のローソク足と同じ

始値と終値:直近の平均足の始値と終値の平均値

各平均足の実体:直近の平均足の中心に描かれている


正しい勝ちの特徴

短期的な利益は少ない+長期的な利益は大きい

理由:テクニカル指標のシグナルで売買判断○
→あるルールに基づいて決済おこなう

★計画的で継続性がある勝ち方★


間違った勝ちの特徴

短期的な利益は大きい+長期的な利益は小さい

理由:テクニカル指標のシグナルで売買判断×
→あるルールに基づく決済ではない

その時の状況に応じて決済を判断

★単発的、運まかせに近い勝ち方★


正しい勝ちの確立方法

手法の検証→自分に合った手法を見つけるしかない

正しい勝ち方をすることで長期的な利益が期待できる

トレード記録をつける→プロトレーダーはみんなやっている
→私も実践


トレード記録のつけ方

インターネットで調べることができる:私の場合
【ナオミFX】トレード記録
1つの手法:勝ち負けに関わらず最低30回はトレード
→最終的な利益がプラスになるか検証

リアル口座がおすすめ:トレード→手法だけで勝てるものではない

資金管理、メンタル管理:本物のお金でないと身につかない
→少額でもリアルマネーが○


目先の利益より長期の利益ーまとめ

今回の正しい勝ち方+前回の正しい負け方→手法の検証を重ねて確立

私:1つの手法→最低でも30回はリアルマネーで検証

プロトレーダー:なぜ相場の世界で長く生き残っているのか
→正しい勝ち・間違った勝ちを区別

トレード記録:毎回つける→必要に応じて後から見返す

地道な努力:安定収益や長期的な利益につながる