どうもナオミです。

前回「テクニカル分析のはじめ方①」では、MT5をおすすめしました。

今回は、ローソク足で何分足を使えば良いのかを提案していきます。


ナオミが使っている時間足



15分足をメインで使っている
理由は後ほど紹介


Twitterのアンケート



ローソク足のおさらい

1本のローソク足に始値・終値・高値・安値の情報が入っている

日足の場合
FXでは朝6時もしくは7時が始値になる
ローソク足とは
出典元:投資の教科書



ローソク足を複数並べたものをチャートという
ローソク足をならべたものをチャートという
出典元:Taitan FX


時間足のえらび方

獲得pipsによって効果的な時間足は異なる

一般的なえらび方
短期トレーダーは短い時間足
中長期トレーダーは長い時間足

効果がない例
スキャルピングで日足を見る
スイングトレーダーが1分足を見る


ナオミが15分足を選ぶ理由

デイトレードをしているから
1トレード20~50pipsの利益を狙う手法

為替は大衆心理で動く
=多く見られている時間足が有効に働く
15分足は短期トレーダーが良く見ている


実践的な時間足のえらび方

複数の時間足を使い分ける
理由は相場観をつかむため

デイトレードの場合
15分足に加えて1時間・4時間も見ていく