どうもナオミです。

2020年初めに購入したものの、読むのが後回しにになっていました。



過去記事でもレビューしていますが、名著も一通り読み終えたので、今回手に取ることにしました。


どんな人におすすめか



パンローリング社の書籍に高いハードルを感じる人
図や表を多くて初心者でも読みやすい本を探している人
日本で活躍しているFXトレーダーの手法が知りたい人


書籍『武器としてのFX』概要

東京大学・大学院出身のFXトレーダー「田畑昇人」さんが執筆した書籍

どのような手法・ツールを使ってFXをおこなっているかが具体的に書いてある

FXの基礎的な知識もていねいに解説
トレードに適した時間帯や通貨ペアetc

これまで、YouTube「ナオミFX」で紹介した書籍に比べて、初心者でも手に取りやすい一冊


書籍『武器としてのFX』詳細

田畑さん自身がおこなっている手法が掲載
ボラティリティが20以上のときにポジションを取る
ボラティリティが20以下のときはポジションを取らない
JYVIX(円VIX):ドル円のボラティリティを知るのに役立つ

円VIXでドル円のボラティリティを確認
出典元:Trading View

新規買い・新規売りの判断はオーダー情報で選択
FXディーラーのオーダー情報
出典元:TRADER’S WEB

FXトレーダーのオーダー情報
出典元:OANDA JAPAN

通貨ペアはファンダメンタルズ分析をもとに選択
日本・アメリカ・欧州の金融政策やアメリカ雇用統計など
各国の金融政策スケジュール

さらに詳しい内容は本書をチェック


読んでみた感想

手法自体は、FXの勉強をある程度していれば理解できると思った
ただ使いこなすには実際のトレードで反復練習をする必要がある

田畑さん自身、Twitterアカウント「たばてぃん」で、リアルタイムな情報発信をおこなう

本書の手法に興味をもった際は、田畑さんのtwitterも活用することをすすめる