仮想通貨

ビットコインの購入方法

更新日:

最近急激な値上がりを見せているビットコイン。

私の予想では500万円近く値上がりするのではないかと考えています。

ビットコインが欲しいと思っても買い方が複雑そうだから手を出せていないという方も多いと思います。

そこで本記事では分かりやすくビットコインの買い方を説明します!

ビットコインの買い方

ビットコインの買うには大きく分けて4つの方法があります。

1.取引所で購入する

2.販売所で購入する

3.ビットコインATMを利用する

4.OTC取引で購入する

それぞれどういう違いがあるのか、細かくご説明します。



1.取引所で購入する

取引所で購入する=ビットコインを所有している個人の誰かから売ってもらうということになります。

つまり、売りたい人と買いたい人のマッチングサイト的な役割を果たしているのが取引所になります。不動産でいうところの仲介会社です。

仲介会社なので、買いたい人と売りたい人のマッチング手数料が発生します。

あり得ないことですが、売りたい人が1人もいないと買うことができませんし、逆に買いたい人が1人もいないと売ることができません。

何十億もビットコインを持っていてすぐに売るというのは取引所ではなかなか時間がかかるかもしれません。

2.販売所で購入する

販売所は、大量にビットコインを保有している会社がビットコインを販売する所です。

個人間取引の取引所とは違い、会社から買う形になります。

そのため、取引所で買うよりも若干高い値段でビットコインを買うことになります。

手数料も取引所と比べると、販売所の方が高いです。

少しでも安くビットコインを買いたい場合は、販売所ではなく取引所をオススメします。

それでは何故販売所というものが存在するのでしょうか?

取引所よりも割高ならば、誰も利用しないのでは・・・?と思われる方も多いはず。

販売所のメリットはスムーズに、すぐにビットコインを売買ができることです。

ビットコインは価格の変動が激しく、暴落するケースも珍しくはありません。

暴落した場合、売り注文が殺到することが予想されますが、そういった場合には取引所ではスムーズに売ることができません。

販売所では暴落しても、スムーズに売ることができるので、そういったケースには販売所を利用することをオススメします!

もちろん暴落などしていない通常の場合でも、とにかく早く売りたい、買いたいという場合には販売所を利用すると良いでしょう。

3.ビットコインATMを利用する

基本的には販売所と同じと考えてください。

しかし、ATMには様々なATMがあり、そのATMの種類によって手数料が変わります。

さらに、引き出しだけで購入ができないATMもあります。

まだ日本には数十台しかこのビットコインのATMは設置されておらず、さらにそれは東京の六本木に集中しています。

これからどんどん増えていくことが予想されますが、価格の変動が激しいのでビットコインを導入するお店がまだまだ少ないのが現状です。

上がるところまでビットコインの価値が上がり、価格が安定してきたらビットコインを導入するお店が増えていき、それと同時にATMの数も増えていくでしょう。

4.OTC取引で購入する

OTC取引は、取引所(仲介所)を介さずに個人間でビットコインを売買する方法です。

取引所を介さないため、手数料が発生しません。

さらに、価格も買い手と売り手が納得した値段になり自由に決めることができます。

大量のコインをとにかく安く買いたいという場合は、OTC取引をするともしかしたら安く譲ってくれる方がいるかもしれません。

しかし、良いことばかりではありません。

すぐに売ってくれる人、買ってくれる人が見つからないのはもちろんのこと、その相手が信頼できる相手ではないとトラブルに繋がる可能性があります。

最悪のケースだとお金を払ったのにビットコインを譲ってくれない・・・ということも考えられます。

OTC取引専用のサイトもありますが、相手が信頼できるかどうかは自分の判断・責任になるので用心する必要があります。

まとめ

今は取引所や販売所も一つではなく、かなり多くなってきています。

どこで買えば良いか調べるだけでも大変でビットコインを買うのを諦めてしまう人も多いと思うので、どのような取引所や販売所があるのかは次回の記事でご説明します。

ツイッターのタイムライン

広告依頼

広告依頼 FXだけで田舎で暮そう

-仮想通貨
-

Copyright© FXだけで田舎で暮らそう , 2018 All Rights Reserved.