FX経営サロン

【年利10%】でお金を増やすための方法(情報)を発信しています。

FX口座を選ぶ際の注意点

入出金で鉄板の銀行&地銀、外貨それぞれに対応している3社

更新日:

はじめに

FX をするには、 

  1. 専⽤の証券会社に⼝座開設をする
  2. 開設した会社にお⾦(証拠⾦)を預ける

の2 ステップを踏まなければまりません。

 

そして②に関してはわざわざ最寄り銀⾏に出向く必要はなく、全ての作業がインターネットで完結できます。

 

ここではFX で⼊出⾦をするさいの便利な機能として、

  • 地⽅銀⾏OK
  • 外貨⼊⾦、現受け出⾦OK

の会社についてご紹介しています。

 

また開設しておくと便利な銀⾏として楽天銀⾏についても取り上げています。

 

比較する鉄板項目

⼊出⾦をするには先ずFX 会社のマイページを開きます。

つまりFX 会社を経由しておこなうのです。

 

なぜならサービスの⼀環として、

  • ⼿数料無料
  • 即時⼊出⾦

が可能になるからです。

 

そしてFX 会社を⽐較する際は、(出⾦ではなく)⼊⾦サービスに注⽬しましょう。

 

なぜなら出⾦に関しては多くの会社で、(地銀・都銀・ネット専業のすべてで)⼿数料無料が提供されているからです。

 

しかし⼊⾦に関しては、即時完了、⼿数料無料の銀⾏が限られているなど会社によって個性があります。

 

以下で詳しく⾒ていきましょう。

 

インターネット取引で欠かせない銀行 

即時⼊⾦はクイック⼊⾦とも⾔われており、

  • ⼿数料無料

となっています。

 

そして対象の銀⾏としては、

などがあります。

 

特にインターネット専業銀⾏は多くの会社が採⽤しています。

 

FX をする際にお持ちでない場合は、合わせて(インターネット専業銀⾏の⼝座も)開設しておきましょう。

 

中でもおすすめなのが楽天銀⾏でクイック⼊⾦を採⽤している会社では、必ず使⽤することができます(2017年5 ⽉現在)

 

地方銀行に対応している3社

都市銀⾏も(インターネット専業銀⾏と同様に)クイック⼊⾦ができる会社は多くありますが、問題は地⽅銀⾏です。

 

決して多いとは⾔えませんが、以下の3 社があげられます。

【地⽅銀⾏をクイック⼊⾦・⼿数料無料で採⽤しているFX 会社】

(ちなみに私のふるさと・熊本の地⽅銀⾏も使⽤できます笑)

 

またトレーダーの⽅のなかには、

  • 資⾦管理が煩雑になる
  • 総資産の把握がしづらくなる

という理由で、銀⾏⼝座を新しく開くのに後ろ向きな意⾒もあります。

 

しかし上記3 社に関しては、スプレッドも狭く、特にSBI FX トレードに関しては1通貨からトレードができますので、

  • FX 会社だけを開設したい!

という場合は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

(補⾜:外為ジャパン:1,000 通貨〜、DMM.com:1 万通貨〜取引可能)

 

外貨に対応している3社

FX は外国為替証拠⾦取引を略した⽤語ですので、為替つまり異なる通貨単位を替える(両替する)ことで利益を狙います。

 

例えば、

  • ドル円
  • 買い

の取引をする際わたしたちがおこなっているのは、円をドルに両替している作業です。

 

実際にはFX 会社がサポートをしてくれていますので、マウスクリックや指でタップするだけで完結することが出来ます。

 

またFX 会社では、

  • 外貨⼊⾦
  • 現受けでの出⾦

が可能なところがあり、FX の特徴を活かしたサービスを提供しています。

 

【⽶ドルを証拠⾦にでき現受けも可能な会社】

 

外貨対応のメリット

特に現受けでの出⾦は、

  1.  含み損があり円に決済したくない
  2.  海外旅⾏をするため両替⼿数料を抑えたい

ときに便利なサービスです。

 

しかし①の場合はリスク管理を優先させることが⼤切ですので、お勧めはできません。
⼤きな含み損になる前にトレンドの転換点などでは、しっかりと損切りをおこなって下さいね。

 

また現受けでは、

  • 出⾦⼿数料
  • 両替⼿数料
  • リフティングチャージ料

など様々なコストがかかることもお勧めしない理由に含まれます

 

コストに関しては、出来るだけ売買損失のみに限定していきたいものです。

 

⼀⽅、②に関しては通常窓⼝でおこなうよりも⼿数料を抑えられますので、為替両替をするために⼝座開設してみるのも有効な⼿段となります。

 

まとめ

⼊出⾦に関しては多くのFX 会社が無料で提供していますので、負担になることはありません。

 

インターネット専業銀⾏だけでなく、都市銀⾏・地⽅銀⾏と⾔った店舗を構える⾦融機関を無料対象にするFX会社も増えてきています。

 

またFX の特徴である為替を活かしたサービスとして、外貨⼊⾦・現受けを提供している会社もあります。

 

海外旅⾏をする際の⼿数料節約にもなりますので、ぜひトレード以外でも活⽤していきましょう。

 

スポンサードリンク

 













-FX口座を選ぶ際の注意点
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© FX経営サロン , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.