どうもナオミです。
前回のYouTubeで、新規注文をするときの3ルールを発表しました。

  • ルール① ブレイクアウトでは入らない
  • ルール② トレンド相場に沿ってポジションを取る
  • ルール③ トレンド転換したところでは入らない

今回はルール3つを見分けるための3ツールを紹介します。
「3ルール×3ツール」と組み合わせることで、より精度の高いマイルールに近づきます。


FXで使える3ツール




3ツールとは、
  • ボリンジャーバンド
  • EMA(指数移動平均線)
  • 指値・逆指値決済
のことです。


「3ルール×3ツール」で考えたとき、
  • 3ルールはマクロ視点
  • 3ツールはミクロ視点
と捉えると分かりやすいです。

早速、トレード場面で使用する順番にご紹介していきます。


ツール①ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの設定.画像⑧ (2)

新規注文前にポジションを取るか迷ったときに使います。

というのも価格は、一定の間隔で値動きするわけではありません
あるときは大幅に動き、あるときは小幅に動くなど時間帯によって異なるのです。


このような値動きの大きさのことを「ボラティリティ」と言うのですが、その大きさを線で表したものが「ボリンジャーバンド」になります。


ボリンジャーバンドの使用方法

3ルールのうち「①ブレイクアウトでは入らない」と組み合わせると効果を発揮します。

上の画像にもあるようにボリンジャーバンドは、3種類の線で構成されていて、私は上と下の幅が3pipsの時に新規注文を入れるようにしています。


このとき上と下の開き過ぎていると、ブレイクアウトをした直後の可能性が高いです。
相場の方向感が掴めない状態ですので、新規注文を入れるのは危険です。


反対に上と下の開きが狭いと値動きがない状態なので、含み益が期待できません。
このときに新規注文をしても売買コストばかりがかかってしまいます(泣)


ボリンジャーバンドの設定方法はYouTubeで分かりやすく紹介しています。
合わせてご覧ください(^^)

ツール②EMA

指数移動平均線EMAの設定⑪ (3)

2つ目のツールはEMA(指数移動平均線)です。

タイミングとしては、ボリンジャーバンドで新規注文を決断したあとです。
買い・売りのどちらで入るかを見分けることができます。


そもそもEMAとは、過去の値動きの平均値を線で表したものです。
ローソク足は移動平均線に沿って動く傾向があるため、今後の値動きを予測するのに役立ちます。


特に頭文字「E」は指数(Exponential)を表しており、価格の単純計算よりも精度が高いと言われています。

EMAの使用方法

3ルールのうち、
  • ②トレンド相場に沿ってポジションを取る
  • ③トレンド転換したところでは入らない
と組み合わせることで、EMAは効果を発揮します。


「②トレンド相場に沿ってポジションを取る」に関しては、図の青い★印ようにEMAよりローソク足が上にある場合は、新規注文を見送ります。
トレンド相場に沿ってポジションを取る

なぜなら全体的に下降相場にあるため、黄色✓のようにEMAよりローソク足が下になってから「新規売り」を入れるのが適切だからです。


「③トレンド転換したところでは入らない」では、図のピンクの★印のようにEMAよりローソク足が下にあるときは、新規注文を見送ります。
トレンド転換したところでは入らない

なぜなら、直前まで上昇トレンドだからです。

この場合、EMAよりローソク足が上になってから新規買いをするか、下降トレンドに入ったと確認してから新規売りをするのが適切な判断になります。


気になるEMAの設定方法は、YouTubeで分かりやすくご紹介しています。

ツール③指値・逆指値決済

スクリーンショット (497)_LI

3つめのツールは、指値・逆指値決済です。
「決済」という言葉があるように、ポジションを取った後に使用します。


タイミングとしては、新規注文時の思惑と外れたときです。

例えば、ボリンジャーバンドの幅が狭くなって横ばい相場になったとき。
値動きが小さくなるため決済に時間がかかる場面ですね。


トレード画面に長時間、集中するのも限界があるので指値・逆指値決済を入れておきます。


また、EMAとチャートの組み合わせが反転した時にも使えます。
これは含み損失は大きくなることを意味するため、気持ちが良いものではありません。


成行決済で損切りができればよいですが、なかなか難しいものです(;´д`)トホホ
そこで逆指値注文で、損切りをゆだねることが出来ます。

本来は頼るべきではありませんが、資金管理を徹底するためには欠かせないツールです。


指値・逆指値決済の設定方法もYouTubeで分かりやすく紹介しているので、最後までご覧ください(^^)

ポジション前は複雑に、ポジション後はシンプルに

というわけで、FXで使える3つのツールをご紹介しました。
3つのルールと合わせて活用してくださいね!


とはいえ、習得までには時間がかかります。
意識しなくても使えこなせるまで、何回も実践を繰り返してくださいね。


私は、ポジションを取る前は分析に時間をかけるようにしています。

そしてポジションを取ってからはルールは無視、ツールのみを意識しています。
トレードそのものに集中するため、マクロ視点のルールは考えないのです。


今回紹介したミクロ視点のツールがより実践的なので、トレード前も後も意識しています。


なお、私が利用しているFX会社は海外FX「XM」です。
ツールの設定も自由にカスタマイズできるので、口座開設をしおくと重宝する会社の一つです。


口座タイプが3種類あるのですが、ゼロ口座がおすすめです。
取引コストが抑えられるので、スキャルピングやデイトレードといった短期トレーダーの方はぜひ!

【XMゼロ口座の口座開設】Check!