FX経営サロン

【年利10%】でお金を増やすための方法(情報)を発信しています。

国内FX 海外FX

国内レバレッジ最大10倍。最悪のシナリオと対策

投稿日:

はじめに

2017年9月下旬、日本経済新聞社(電子版)より発表された記事タイトルがこちらです。

FX証拠金倍率を引き下げ 10倍程度に、金融庁検討
リスク管理を懸念、最大25倍の規制見直し

情報元:日本経済新聞 (無料版の会員登録で全文が閲覧できます)

 

このニュースを受けてインターネット界隈では、

  • 最大レバレッジ10倍になるのも時間の問題だ

と言われています。

 

そこで今回は報道にもある年内(2018年)にレバレッジ規制されることを想定した、最悪のシナリオについて考えていきます。

そして最後には対策の一つとして海外FXを紹介していきます。

 

NAOMIが想定するシナリオ

個人的な独断と偏見ではありますが国内FXの最大レバレッジが10倍になった場合、最悪以下のような状況が起こると考えます。

 

最大レバレッジが10倍になる

①短期トレーダーが海外FXに流れる

②国内FXで大損するトレーダーが減る

③(国内FX)会社の収益が減る

④スプレッドが大きくなり、スワップポイントが小さくなる

 

つまり国内FXの強みである、

  • 低スプレッド
  • 高スワップ

に悪影響がでる可能性があります。

 

詳しくみていきましょう。

 

①短期トレーダーが海外FXに流れる

レバレッジ規制でもっとも被害をこうむるのは、

  • スキャルピング
  • デイトレード

といった、わずかな変動幅を狙うトレーダーです。

 

なぜならレバレッジが小さくなるとそれだけ多くの証拠金が必要となるため、取引可能なポジション数量が小さくなるからです。

 

例えば10pipsで1万円の利益を狙うさい、1万通貨のポジション数量が必要となりますが

  • レバレッジ10倍:11万円
  • レバレッジ25倍:4万円
  • レバレッジ100倍:1.1万円

と、レバレッジ数によって必要となる証拠金が異なってきます。

 

つまり現状の25倍であれば4.4万円で良かったものが、10倍になると2.5倍(=25倍÷10倍)の11万円となるため、もはや短期売買では国内FXができなくなります。

 

②国内FXで大損するトレーダーが減る

そして短期トレーダーの利用者が減るということは、大損するトレーダーが減るということになります。

これは以下の図でも確認できます(積立FX:中長期、店頭FX:短期、バイナリーオプション:超短期と仮定)

 

参考 運用成績

 

また短期トレーダーが大損を抱えやすい具体的な理由としては、

  • わずかな変動幅で損失額が膨らむ
  • 損切りをするのに大きなストレスがかかる

ことが挙げられます。

[関連記事]【国内】 追証ありは天使の顔をした悪魔―損大利小がもたらす悲劇―

 

そして大損するトレーダーが減少すると言うことは、FX会社の収益が減ることにも繋がります。

一体どういうことなのでしょうか?

 

③(国内FX)会社の収益が減る

突然ですがあなたは、DD方式・NDD方式という言葉を聞いたことはありますか?

これは為替レートの表示方法(方式)を指しています。

 

詳しい解説はまた別の機会におこなっていきますが、多くの国内FXではDD方式を採用しており

  • トレーダーの利益→FX会社の損失
  • トレーダーの損失→FX会社の利益

と、両者の損益は相対関係にあります。

 

つまり先ほどの②国内FXで大損するトレーダーが減ることと合わせるとレバレッジを規制することは、

  • (損失を多く抱える)短期トレーダーの減少=FX会社の収益が減少

という関係になるのです。

 

さらに現在の国内FX会社の約半数がレバレッジ10倍以上で取引をおこなっていますので、取引高そのものが減少することも想定されます。

参考 ザイFX!

 

④スプレッドが大きくなり、スワップポイントが小さくなる

したがって国内FXの最大レバレッジが10倍に規制されると、

  • 大損するトレーダー
  • 取引高

の2つが減少するため、FX会社の収益も減少します。

 

そしてその減少分を補てんするためにスプレッドを大きくしてスワップポイントを小さくせざるを得なくなるのです。

 

改めてふり返ってみると、

  • スプレッド:売買手数料に相当
  • スワップポイント:政策金利を上回る分は会社側が負担

となっているのがFXの特徴です。

 

 [関連記事]

 

また規制改正後のスワップポイントに関してはクロス円の場合、

  • 買い(ask):少ない額しか支払われない
  • 売り(bid):多くの額を支払わなければならない

とトレーダーに不利なサービス内容に変更される可能性もあります。

 

このようにもし低スプレッド・高スワップさえもレバレッジ規制で失われてしまえば、(短期トレーダーだけでなく)中長期トレーダーにも被害が及びます。

 

つまり今回のレバレッジ改正報道はあくまで憶測の段階にすぎませんが、すべてのトレーダーに関わる問題であるため決して他人事では済まされないのです。

 

対策の必要性

確かに当サイトが推奨する運用レバレッジは最大5倍ですので(国内FXの場合)、早急に海外FXに乗り換える必要はありません。

[関連記事][NAOMI流]スイングトレードとはーFXの必須を学ぶ

 

しかし金融庁がこれまでに行なったレバレッジ規制をみると、たとえ今回の[レバレッジ10倍]案が統計に基づくものであるとは言え(情報元参照)、8倍→5倍→3倍と段階的に下げてくる可能性は高いのです。

参考 ザイFX!

 

また仮に低レバレッジで運用していても最大レバレッジが下がることは、それだけロスカットになる可能性も高くなります。

 

すると焦りや不安が生じやすいトレード環境になってしまいますので、健全な精神状態を保つためにも保険となるものを準備しておくことが大切なのです。

 

海外FXのススメ

その保険となるのが海外FXです。

現に金融庁はレバレッジに関して否定的な考えを持っていますので、すべてのトレーダーが国内FXで運用し続けるのは徐々に難しくなると想定するのが妥当です。

 

従っていつでも海外FXをメインとして利用できるように、

  • 注文方法:MT4・MT5を使用
  • 入出金方法:海外・国内銀行送金
  • 税金の種類:総合課税

など国内FXとの違いを、今のうちから学んでおきましょう。

 

また当サイトで推奨するXMでは口座開設をするだけで3,000円のボーナスがもらえますので、入金0円でリアルトレードをおこなうことができますよ。

 

[関連記事]

 

まとめ

今回の日本経済新聞社の報道はあくまで憶測にすぎませんが、最大レバレッジが改正されるのも時間の問題です。

なぜなら国内FXの規制を管轄する金融庁が、レバレッジに関して否定的な考えを持っているからです。

 

このままレバレッジがどんどん小さくなれば最悪の場合、

  • スプレッドは大きく
  • スワップポイントは小さく

なってしまいます。

 

備えあれば憂いなしです。

レバレッジが25倍と高い今のうちから、海外FXにも慣れていきましょう。







-国内FX, 海外FX
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© FX経営サロン , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.